うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

いい店員さんに会いました


From:山崎純平
草加のカフェより、、

家電量販店で、「冷風扇」を探していました。

冷風扇って聞いたことありますか?
家庭用の簡易な冷房装置で、冷た風が流れます。

私の部屋はクーラーがなく、暑いのです。
これから夏が到来しますので、今のうち対策を練ろうと思ったわけです。

それで冷風扇というのがいいぞ!というネットの書き込みを見て、家電量販店に来たのです。

冷房装置のコーナーにつくと、た〜〜〜くさんの冷房装置が置いてあります。
扇風機、冷風扇、エアコン、ファン・・・・たくさんあります。

何がいいのかさっぱりわかりません。
そこで、ベテランそうな店員を見つけて、話を聞きました。
そのベテラン店員さんは、40代の男性で、いかにも冷房装置のプロっぽい人でした。

私「すみません〜冷風扇って何ですか?」

プロ「冷風扇っていうのは、冷風が出るものですが、湿気がやばいですよ。」

私「湿気がやばいですか?」

プロ「水を放出するから、部屋の湿度が上がります。」

私「まじですか?
実は、私の部屋はクーラーがつけられなくて、何とか夏を過ごしたいのですけれど、
どうしたらいいでしょうか?」
と私の心にこびりついた不安・悩みを打ち明けました。
どうか助けてください!という思いを込めて。

プロ「う〜ん。冷風扇はオススメしませんね。
残念ながら、エアコンつけるしか方法はないですね。」
と。

辛い現実でした。
エアコンをつけることができないから、相談したのですが。
やはりエアコンをつけるしかないのか・・・
肩を落として、家路に着きました。

それから、1ヶ月後、ダメ元で、違う家電量販店に20代の店員さん(新人?)に同じ質問をしました。
当然、同じ答えが返ってくると思いました。

新人「なるほどですね。部屋が暑いけれど、エアコンがつけられないと辛いですよね。
それなら、冷風機がいいですよ!」

私「冷風機?それは、湿気が上がりますか?」

新人「いいえ。冷風扇と違って、水を放出しないので、湿気上がりません。」

うわぁああああ
やった〜〜〜〜
冷風機。
なんていい響きなんだ。

エアコンと違い部屋の部屋の温度を下げる機能はないですが、扇風機と違い、冷たい風を送ってくれます。
これだけでも、体感温度はかなり違ってきます。
それで十分です。

諦めていた悩みが解消されました。
ベテランとか関係ないのですね。

この店員さんは私の悩みをしっかりと聞いて、共感してくれて、適切なアドバイスをしてくれたのです。
本当に、心から救われました。

このように対応してくれる人によって、結果が大きく変わることはあります。
年配の人とか関係ないです。

あなたも障害年金を相談した人から、「無理ですね」と一蹴されたことはありませんか?
まだ諦めるのは早いです。

まだ方法があります。
その方法を一緒に考えてみませんか?

あなたが障害年金をもらえるよう全力でサポートをしますので、どうぞお気軽にお問合せください。
あなたからのご連絡お待ちしています。

 

PS:新人店員さんに、何度も頭を下げて「ありがとうございます」と行って、家路に着きました。
スキップをして帰りましたとさ。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける