うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

とりあえず言ってみた


From:山崎純平
草加のカフェより、、

冷蔵庫を買いました。
今まで、一人暮らし用の冷蔵庫で、妻と二人で暮らしていました。

妻は、私の健康を考えて、いろいろな食材を買ってきてくれます。
レタス
ピーマン
ブロッコリー
人参
鶏肉
豚肉
さんま
あじ
・・・・

その結果、冷蔵庫がパンパンになりました。

どうやって物を取り出したらいいのだろうか・・・
このじゃがいもは、どうやってしまったらいいのだろうか・・・
(最後は、無理やりスキマに押し込んでいます笑)

妻:「そろそろ、冷蔵庫買い換えない?給付金入ったことだし・・・」

私:「そうだな。」

でも、今ある冷蔵庫どうしよう?

家電量販店に行くことにしました。

いい感じの冷蔵庫があり、値段が「13万円」。

た、たかいな。
妻も「うん、ちょっと高いけれど、将来の家族が増えたら、絶対必要になるから。ねっ」と。

将来の子どものことが頭をよぎり、我が息子・娘の期待に応えようと、買うことを決断。

店員さんを呼び「これいくらですか?」と聞きました。
店員さんが「ちょっと待ってくださいね。」と言って、どこかに電話をしにいなくなりました。

妻が私の袖をぐっと引っ張り、
「何で、’これいくらですか?’って聞いたの。値札に13万円って書いてあるのに。」
と不思議そうな顔で聞いてきます。

私:「いや、値札に、「価格は要相談」って書いてあるから。当然、値引きしてくれると思ってね。」

妻:「さすが。値引きってできるんだね。言ってみるもんだね。」

そして、店員さんが戻ってきました。
「お待たせしました。税込10万円です。」と。

お〜〜3万円も下がった。
私・妻「じゃあそれでお願いします!」
声を揃えて、お願いしました。

それで、現在の冷蔵庫の処分について、店員さんに相談したところ、
「運搬料と処分代で、計5,000円かかります。」
とのこと。

お金かかるのか〜
仕方ないかな・・・

後日、ネットでリサイクルショップにダメ元で電話をしてみました。
「あの〜冷蔵庫って買い取ってもらえますか?まだ1年半しか使っていなくて、きれいです。」

リサイクルショップの人:「1年半しか使っていないのですね。はい、大丈夫ですよ。買い取ります。」

お〜〜〜言ってみるもんだな。
これで、処分代がかからず、しかもお金が少しもらえる。
ラッキー

あなたも、何か諦めているものはありませんか?
もしやってみたら、あなたの想像を見事に裏切ってくれることはよくあります。

あなたは障害年金を諦めていませんか?
とりあえず、やってみませんか?
何も考えず、私たちに電話してくれれば大丈夫です。

あとは、私たちがあなたを障害年金というゴールに導いていきます。

あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:冷蔵庫が5,000円で売れました。臨時ボーナスが出たので、妻と回らないお寿司屋さんに行ってきました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける