うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

馬に自動車をひかせる!?


From:宮里竹識
世田谷の自宅より、、

まずは次の写真を見てください。

 

 

これは、
自動車が出てきたばかりのアメリカで撮られた写真です。

自動車が道路を走行することが最後まで許可されなかったエリアの
一部であるナンタケット島では、
その禁止に抵抗した人が車を馬にひかせる体裁にして走行しました。

今見ると滑稽な風景ですね。

 

遠距離への移動は馬車が主流だった時代、
自動車が登場して世界が一変しました。

明らかに車の方が便利なんですが、
時代の変化についてこれる人ばかりではありません。

また、
既得権益をもっている人からすると
変化は自分の利益を損なうことになりかねません。

だから大きな変化が起ころうとすると
それを阻止しようとする人も現れるのです。

 

最近ですと、
ようやく日本社会が脱ハンコを実現しようとしていますが、
ハンコ業界は大きく抵抗しています。

個人的には障害年金の手続きにおいては
早くハンコをなくしてほしいです。

その方がお客さんの印鑑を押してもらうための
書類のやり取りがなくなり、
早く障害年金の手続きを進められるからです。

月をまたいで書類を提出すると、
受け取れる障害年金が1ヶ月分少なくなるケースが多いからです。

私にとっても私たちのお客さんにとっても、
脱ハンコは利益が大きいです。

ハンコがなくなった場合の問題なんかもありますが、
ここでどうこう言う話じゃないので省略します。

 

大事なのは、
”世の中は変化していく”
ということです。

そして、
世の中の変化に合わせて
”自分を変えていく”ことが大切です。

 

あなたも今の自分を変えてみませんか?

 

といっても、
あなた自身の価値観を変えろとか
新しい知識を身につけろとか言っているわけではありません。

あなたには、
障害年金を受け取ってもらい、
経済的不安から解放されてほしいのです。

うつ病で働けない人にも
一定の要件を満たせば障害年金が支給されます。

でも国は障害年金のことを広報しませんし、
こちらから手続きしないと何もしてくれません。

だからあなた自身が動いて
障害年金の請求をしてほしいのです。

とはいえ、
うつ病による障害年金はとても難しく大変です。

うつ病で判断力や行動力が落ちている状況なら尚更です。

私たちのホームページには
うつ病で障害年金を受け取るための情報はすべてありますので、
それを参考にして障害年金を手に入れてください。

もし自分で障害年金の手続きをするのは難しいと感じているなら、
私たちがあなたの代わりに障害年金を手に入れてきます。

私たち全国障害年金パートナーズは、
日本で唯一の”うつ病による障害年金専門”の社労士事務所です。

障害年金社労士の業界において、
圧倒的な実績とノウハウがあります。

きっとあなたの経済的不安を解消できますので、
まずは電話かメールで相談してください。

あなたからの連絡を待っています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける