うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

エアコンはありがたい


From:山崎純平
草加のカフェより、、

猛暑、猛暑、猛暑。
暑いですね。

夏ってこんなに暑かったでしたっけ?
コロナのせいもあって、夏であってもマスクが欠かせません。
だから余計に暑く感じるのでしょうか。

私の住んでいる埼玉はなんと、38度!!!
体温超え。

温風というか熱風というか、空気が重いですね。
まるでドライヤーで吹きかけられているような感じです。

家にいても暑い、外にいても暑い。

割と暑さには強いという自負があります。
実家に住んでいた時は、夏になってもエアコンは使っていませんでした。
扇風機1つで暑い夏を何度も何度も、乗り越えてきました。

でも、今年は無理です。
部屋の温度は、35度!
何度も目を疑いました。

エアコンの力に頼らないと、死にます。
ということで、ピピッとエアコンをつけました。
ブオーンと音がして、風が出てきました。

部屋中の窓を閉めました。暑い・・・蒸し風呂です。

しばらくしたら、部屋も冷えるだろうと思っていましたが、
5分、10分、15分しても、温度は35度のまま。

えっ?
壊れた?

こんな時に、まさか故障?

ネットで手当たり次第に、「エアコン 冷えない」と検索。

すると、「室外機に物を置かないこと」と書いてありました。
室外機を見ると、2リットルのペットボトルが2本おいてあります。

なぜだ?
そんなことはいい。

2リットルのペットボトルを取り除くて、なんと
ヒンヤリした風が出てくるではないでしょうか。
冷たい。癒される。生き返る。

しばらく、エアコンの風に顔を当てていました。

5分ほどしたら、部屋の温度は「27度」になっていました。
快適だ。

本当にエアコンの存在はありがたいですえ。
思わず、エアコンに「ありがとう」と言ってしまうほどでした。

そしてポンポンとエアコンに触れていました。
ありがとうエアコン。

今までずっと、そこにエアコンはありました。
でもエアコンの存在を感じていませんでした。
これほどエアコンを必要としたことはありません。
これほどエアコンのことのありがたさを感じたことはありません。

あなたも同じような経験はありませんか?
今まで存在していたけれど、その存在に気がつかなかった。

障害年金も同じことが言えます。
障害年金は昔から存在しています。
存在自体を知らない人は多いです。

精神的な症状で働くこともできず、収入はどうなるのだろうか?と悩んでいませんか。
そんな時は、障害年金という存在を思い出してください。
障害年金はあなたの経済的な負担を大きく和らげてくれます。
そして、経済的な負担が軽くなれば、治療に専念ができます。
その結果、あなたの症状はグーンと良くなります。

まずは、私たちの障害年金の無料判定を受けてみてください。
すぐに結果が出ます。

あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:エアコンの存在に感謝ができた時、優しい気持ちになれました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける