うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

コロナ解雇7万人超え!


From:宮里竹識
世田谷の自宅より、、

世界中で猛威をふるっている新型コロナウィルス、
いまだ収束の気配が見えませんね。

そんな中、
コロナ関連で解雇や雇い止めとなった人の数が
7万人を超えたというニュースが入ってきました。

解雇となった業種としては、
製造業・飲食業・小売業・宿泊業が多いです。

それにしても7万人って、、、。

現在コロナの第3波が来ているようなので、
今後も解雇となる人は増えていきそうですね。

仕事がなくなるというのは辛いものです。

パワハラやセクハラ、過労といった理由であれば
早く会社から逃げた方が良いと思います。

でも、働きたいのに仕事がなくなるというのは辛いです。

さらに辛いのは、
仕事がないことで収入がなくなり
貯金がどんどん減っていくという恐怖です。

コロナによる仕事の喪失や社会的不安が大きくなることで
うつ病を発症してしまう人も増加傾向にあります。

私たち全国障害年金パートナーズのもとには
うつ病で働けなくなった人たちから
日々相談があります。

これまでは過労やパワハラ・セクハラといった理由で
うつ病になってしまった人からの依頼が多かったのですが、
今後はコロナ禍によるうつ病での相談が増えるかもですね。

ただ、障害年金のサポートはとても労力のいる
専門性の高い仕事です。

うつ病の障害年金を専門にしている私たちでも
月に20名までしか依頼を受けられません。

そして月の後半になると
定員に達して新規の依頼を受けられない、
という状態が続いています。

少しでも多くのうつ病で苦しんでいる人を
障害年金で助けるため、
できる限りのことをしたいと思います。

というわけで、
現在1名限定で私たち全国障害年金パートナーズの
新メンバーを募集しています。

”普通では満足できない、飛び抜けた存在になりたい!”

そんな風に思っている社労士さんがいたら、
ぜひこちらをご覧ください。

https://spartners.jp/lp/kyujin/

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける