うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

まずは初めの一歩から


From:山崎純平
草加のカフェより、、

難しい本を読まなければいけない・・・となったらあなたはどうしますか?

私は、大学生の頃は、法学部で法律の勉強をしていました。
法律の本をたくさん読まなければいけないのですが、これがちんぷんかん。
日常で使わない言葉がたくさん出ています。
日本語で書かれているのですが、まるで外国語。

錯誤
詐害行為
賃借権
などなど。

???
が頭に浮かびまくります。

しかも本がとっても分厚い。
最初から丁寧に読んでいったのですが、わからなすぎて、途中で挫折。
それを何度も繰り返して、もうやーめたとなってしまうわけです。

でも、読まなくてはいけないので、途中で投げ出せないのです。
読みたくないけれど、読まなければいけない。
こういうときは、とってもストレスを感じます。

そういうときは、いきなり専門書を読むのではなく、入門書から読むのが一番よいです。
入門書は、初心者向けに書かれていますので、とにかくわかりやすい。
内容としては薄く不十分なのかもしれませんが、基礎は学ぶことができます。
入門書を読んで、全体像を理解してから、専門書を読むと、「何となくわかる」のです。
この感覚は大切です。
自分が成長しているという実感ができます。
自分の成長が実感ができると、当然読むことが苦痛ではありませんので、専門書を読み続けることができます。

千里の道も一歩から
という言葉があるように、高い高い壁を前にしたら、「あ〜高いな。自分には無理だな。」と思ってしまい、途中で諦めてしまうこともあるでしょう。

でも、まずは一歩を踏み出すことが大切です。
できるところから、できそうなところから取り組めばいいのです。

行動をしないと、不安が襲ってきて、ますます動けなくなります。
でも、小さな一歩を踏め出せば、後は前に進むだけです。
不安はついてこれません。

あなたは障害年金という高い壁の前に、立ちつくしてしまっていることでしょう。
自分にはあんな高い壁は登れない。

諦める前に、私たちを頼ってください。
あなたが一歩さえ踏め出してくれれば、私たちがあなたを障害年金という高い壁を超えるサポートをします。
そして障害年金という経済的な安心を手に入れましょう。
あなたの一歩を無駄にしません。
あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける