うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

話を聞くのはむずい


From:山崎純平
草加のカフェより、、

妻が朝から元気がありません。

何となくですが、元気がないのです。
夫の勘です。

「どうした?」と聞くと、
「うん、ちょっと人間関係で悩んでいて」とボソッと語り始めました。

聞いてみると、仲の良い友達にラインを送ったけれども、返事がないそうなのです。
それで、返事がないにもかかわらず、3週間で3回ラインをしてしまって、
自分は「最低な人間だ」と落ち込んでいるのです。
そして相手から、嫌われていると思ってしまい、その考えがずっと頭の中で、リピートをしてしまい、苦しんでいるのです。

第三者からみたら
「返事がないなら、ラインをしなければいいのに。
相手は忙しかったから、返信紙をしなかったのではないの?」
と思うことでしょう。

私もそう思いました。

それをそのまま伝えたら、妻の気持ちはスッキリしないと思いました。
言いたい思いを抑えて、妻の話を聞くことにしました。

とにかく相手の気持ちを話してもらう様に、必死で話を聞きました。
そのとき、自分の考えや思いが浮かんできますが、そこはぐっと我慢です。

どうして、ずっと聞く様にしたかというと、自分も辛い時、ただ話を聞いてもらいたいと思ったからです。
他人に相談するのはとても勇気が入ります。
それと同時に、不安も感じます。

自分の考えを否定されるのではないだろうか。
自分が間違っていると言われるのではないだろうか。
アドバイスをされても、それを受け入れることができない。

ただただ、自分の話を聞いてもらいたいのです。
辛い時、そういうアドバイスをしない、話を聞いてもらえる人って、本当にありがたい存在です。

だからこそ、今、目の前にいる妻の話に真剣に聞こうと思えたのです。

10分程度の時間でしたが、妻の話を聞き終えた時、妻の表情が少し明るくなった気がしました。
これもまた、夫の勘ですが・・・

特にアドバイスはしていません。
改めて、話を聞くことの大切さを学びました。
それと同時に、最後まで話を聞くことの難しさも実感しました。

あなたは今、精神的に辛い状況にいると思います。
その辛さは、あなたしかわかりません。

あなたのその辛さを理解するために、
私は日々、聞くことの意識を向けて、努力をしています。

私たちは、障害年金という結果を重視していますが、それと同時に、
あなたの気持ちがどうしたら和らぐかにも重点を置いています。
その結果が、お客様の声です。

https://spartners.jp
スクロールしていただき、真ん中あたりに、お客様の声が出てきます。)

私たちは、あなたが経済的な安心を手に入れるサポートをすると同時に、
あなたに精神的な安心を届けるサポートをしています。

一緒に、経済的・精神的な安心を手に入れませんか?
あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:その日の晩、妻が「なんかわからないけれど、ありがとう。」と言ってくれました。
その晩、いつもより晩ご飯が豪勢でした。
(デザートのプリンが食卓に出てきました笑)




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける