うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

テレビを見なくなって3ヶ月、、、


From:宮里竹識
世田谷の自宅より、、

私たち夫婦は、
9月に娘の一叶(いちか)が生まれてから
テレビを見ない生活になりました。

テレビからはネガティブなニュースや
不適切な言葉が日々流れていて、
それが娘の教育によくないと考えたからです。

また、私たちがテレビを見ることに使っていた時間を
娘とのふれあいに使いたかったのです。

というわけで、
音楽番組を見てリズムにのったり
バラエティ番組を見て笑いあったりすることもなくなりました。

これまでテレビは生活に密着していたものでしたので
テレビから離れた生活ができるか不安はありました。

テレビを見ない生活になって3ヶ月経ちましたが
思った以上に問題はありませんでした。

必要なニュースや情報はネットで手に入りますし、
家族のコミュニケーション時間が増えましたので
前よりも充実した生活となっています。

一叶も絵本を読むと目が釘付けになりますし、
童謡を歌うと一緒に声を出してくれます。

 

 

おもちゃを使って遊ぶようにもなってきました。

娘が寝ているバウンサーを足で動かしながら仕事をしているのですが、
ときおり娘の様子を見てみると、
たいていこっちを向いて目を合わせてくれます。

今回もおもちゃで遊んでいる一叶を見てみたら
こっちを向いてくれました。

 

 

やっぱり子どもは可愛いですね。

育児と仕事を両立するのは簡単だとはいえませんが、
今のところうまくやれていると思います。

障害年金のサポートをおろそかにはしていませんので
その点は安心してください。

今月もたくさんのうつ病と闘っている人から
相談や依頼を受けています。

月の後半には定員の20名に達すると思いますので、
障害年金のサポートをご希望でしたら
早めに電話かメールで相談ください。

あなたからの連絡を待っています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける