うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

見た感じ、優勝できそうでした


From:山崎純平
草加のカフェより、、

妻とボーリング大会をしてきました。
といっても、
妻、私、妻の両親、妻の兄夫婦の計6人でボーリング大会をしたのです。

なんと、
1位は1万円!!!
2位は5000円
3位は4000円
と賞金つきです。

妻のお父さんが企画したボーリング大会でした。

私はボーリングは、大学生以来、全くやっていません。
大学生の時もほんの少しだけやっただけで、ど素人です。

周りを見渡せば
・妻:非力。いかにも運動ができなさそうです。勝てる!
・妻の父:御年70歳!ご年配の方には負けません。勝てる!
・妻の母:専業主婦。ボーリング初心者です。勝てる!
・妻の兄:40代。体型はビール腹。勝てる!
・妻の兄の嫁:実力は未知数。勝てるか?

ということで、このメンバーなら、十分に1位を狙える。
1万円をゲットしたら、前から欲しかった、ヘッドホンを買うぞ!
これはまたとないチャンスだ。

妻の実力を一応確認してみた。
私:「ねぇ?ボーリングってやったことある?」
妻:「昔やってたけれど、全然ダメだよ。」
内心、ガッツポーズ。よし。

妻の父にも念の為、確認した。
私:「ボーリングの腕前はどうですか?」
妻の父:「全然ですよ。ダメダメ。」

内心、さらにガッツポーズ。よし。行ける。

ということで、いざボーリングスタート。

10年ぶりに持つ、ボーリングの球は、それはそれは重い。
こんなに重いのか。
とりあえず、適当にボールを選びました。
私が一番手なので、緊張します。
みんなの視線が一気に私に集まります。

みんなからしたら、「コイツが優勝候補だ」と思っていることでしょう。
私もそのつもりです。

見様見真似で、とうりゃ!っと放ると、ボールは右の方へそれて行き、溝にはまってそのままフィニッシュ。
そうガーターというやつです。

みんなの安心感が伝わってきました。

いやいや、まだ1投目だし。
もう一回投げたら、なんとまたガーター。

うわ最悪だ。

みんなは「コイツは大丈夫だ」という空気が流れてきました。

くそっ!1万円が。

次に妻の番です。
明らかにボールが重そうです。
大丈夫か?持てるか?と不安になったそのときです。

ストライク!

まじ?
えっ?

信じられない光景が目の前にありました。

呆然としていると、
次に妻の父の番です。

なんと、プロッぽい投球フォームで、これもまたストライク!

この親子は一体なんだ?!

終わってみれば、
・私:60点(ガータをその後も連発)
・妻:120点(スペアを連発)
・妻の父:160点(ストライクを量産)
・妻の母:30点(ビリにならなくてよかった)
・妻の兄:90(地味にうまかった)
・妻の兄の嫁:65点(私と同レベル)

という結果がでした。

 

人は見かけによらないのですね。
人を見かけで判断をしていました。
外見だけで、その人の実力を勝手に決めつけていました。
物事の本質をしっかりと見極めることが重要ですね。

 

障害年金も同じことがいえます。
ネットの情報で、自分は障害年金をもらえないと諦めていませんか?
正しい情報をもとに判断すれば、結果は変わってくることはよくあります。
あなたが障害年金をもらえるかどうか、私たちが正しく判定をします。
5分ほどで終わりますので、お気軽にお問合せください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

 

PS:その日、妻から「純平くんって、意外にボーリングできないんだね」と言われてしまいました。
くそ〜〜〜ということで、こっそりボーリングに通っています。
妻を倒すその日まで!!!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける