うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ダメ出しは辛いよ、、(涙)


From: 長塚崇宏
世田谷のカフェより、、

最近、お笑いのネタ番組が増えてきましたね。
お笑い第7世代と言われる、若手芸人達がテレビで活躍しています。

僕も昔はお笑い芸人として活動していたので、
またテレビで芸人さん達が、活躍できる場が増えて嬉しいです(^^)

お笑いブームの再来でネタ番組が増えてますが、
実はネタ番組に出演するのって、とても難しいんですよ。
テレビに出演しているお笑い芸人は氷山の一角にしか過ぎません。

そもそもお笑い芸人の数は、僕の推定ですが1万人以上はいます。
そしてお笑い番組に出るためのオーディションがあるのですが、
芸人全員が受けれるわけでは無いんですよね。

各芸能プロダクションが、そのプロダクションに所属する、
受かりそうな芸人を選別して、オーディションという名のチャンスを与えます。
有名なネタ番組とかになると、この選別もより厳しくなります。

自慢じゃありませんが、僕もよく有名なネタ番組のオーディションを受けました(笑)
エ○タの神様、爆笑レ○ドカーペットとか。

オーディションのチャンスをもらったら、テレビ局に行きます。
もちろん行くからには気合を入れて、受かるつもりで渾身のネタを持っていきます。

オーディションはだいたいテレビ局の会議室で行われるんですね。
楽屋でネタの練習をして、名前を呼ばれて会議室入っていよいよオーディション開始です。

オーディションの審査員は基本的に、プロデューサーやディレクター、放送作家です。
彼らの前でネタを披露するのですが、ただ披露して終わりではありません。
披露した後は審査員のアドバイスがあったりするんですね。

「ネタのここの部分が良かった」
「あそこのくだりは、もっとこうした方が良いんじゃない」
「他にどんなネタやってるの?」

 

こんな感じで、業界の偉い人たちからアドバイスをいただけます。
こんな感じでありがたいアドバイスだけなら良いのですが、
たまに立ち直れないぐらいのダメ出しをもらいます。

「全然つまんない」
「何年お笑い芸人やってるの?」
「この業界向いてないんじゃない?」

 

こんなダメ出しをもらった日は、泣きながら帰ります(;_;)
お笑いが好きじゃなかったら、すぐに芸人辞めてましたね。

 

こんな心の無いことって、うつ病の方も言われたことあると思います。

 

「甘えるな」
「しっかり働け」
「何でこんなことも出来ないの?」

 

こんなこと言われたことありませんか?
ただでさえ病気で苦しいのに、
周りの人達から理解してもらえず、辛い思いをした方もいると思います。

障害年金パートナーズはうつ病の方を専門にサポートしています。
きっと、あなたのお力になれると思います。

うつ病で障害年金を受け取れるかの無料判定もあります。
オーディションではないので、気楽に受けてみてください。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける