うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

動いては止まって・・


From: 長塚崇宏
世田谷のカフェより、、

「遅刻だ〜〜〜!!!」

とある朝、会社の始業時間に間に合わないことが確定しました・・。
9時までに出勤できず遅刻です。

別に僕が朝が苦手で寝坊したわけではありません。
朝、いつも通りテレビのニュースを見ていると、
アナウンサーが僕に取って最悪のニュースを読み上げます、

「ただいま、〇〇線が遅延しており、運転再開の見込みがたっておりません」

このニュースを見て僕のパニック!!
会社に遅れてしまう〜〜!!

すぐさま僕は、
全国障害年金パートナーズの代表・宮里さんに連絡します。

「宮里さん、すみません!!電車が遅延しているので出勤遅れます」

遅刻する旨を伝え、土下座する勢いで謝ります。
この僕の連絡に対して宮里さんの返事が・・

「急がなくても大丈夫ですよ、本でも読みながらゆっくりと来てください」

と、電車の遅延はどうすることも出来ないからか、
何とも暖かいお返事ではありませんか(;_;)
神様、仏様、宮里様〜〜(;_;)

焦っていた僕ですが、この一言で落ち着きを取り戻し
運転再開までゆっくりと待つことにしました。

まだかな〜と思いながら、遅延のニュースから1時間半後、
ついに運転が再開しました!

急いで電車に乗ります。
しかも運良く座れました(ラッキー!)
当然、読書をしながら目的の駅まで着くのを待ちます。

目的の駅までは1時間ほどで着きます。
たくさん読書できるなーと思いながら、本を読み進めて、
1時間後・・、目的の駅に着いてない!!

それもそのはず、運転再開したとは言えダイヤが乱れているため、
他の車両・車線と調整しながら、電車はこまめに発車と停車を繰り返してたんです(;_;)

結果、目的の駅に着くまで倍近くの時間がかかりました・・。

電車が止まり、運転再開したと思っても、動いては止まってを繰り返す・・・

これって何だか、障害年金の申請に似ていますね。

一人で申請しようとすると、
まず何から手をつけて良いかわからない。
わからないから役所に行き、手続きの方法を聞きます。
役所からは、書き方がチンプンカンプンの書類を書いてくるよう指示されます。
何とか書き終えて書類を役所に持っていくと、
また別の書類を書いてくるように指示されます。

ただでさえ、うつ病で動くのが辛いのに、
難解な書類を書いては持っていき、書いては持っていきを繰り返す。
ダイヤの乱れた電車のようですね。

ただ、こんなダイヤの乱れなんか関係ない、
うつ病の人のための新幹線があります。

それが全国障害年金パートナーズです。
うつ病による障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

書類作成から受給代行まで、
あなたがあっという間に、目的の駅まで着くようサポートします。

無料判定もあります。
まずはご自身が障害年金を受給できるか、確かめてみてはどうでしょうか?

 

PS:2時間遅れて出勤した僕に宮里さんが一言
「たくさん読書の時間取れて良かったですね」
いや暖かすぎるだろ!!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける