うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

2020年に達成できたこと・失敗したこと


From:宮里竹識
世田谷の自宅より、、

2020年も残りわずかですね。

あなたにとって今年はどんな年でしたか?

私にとって今年は、
娘の一叶(いちか)が生まれた記念すべき年になりました。

 

 

基本的に自宅にいるようにし、
妻と一緒に育児を楽しんでいます。

 

全国障害年金パートナーズにとっても、
飛躍の一年となりました。

今年は170名ほどの人へ障害年金のサポートを行い、
そのうち3名を除いてすべての人が障害年金という経済的安心を手にしました。
(現在審査中の人は除きます)

これまでに獲得した障害年金の総額も、12億円を突破しました。

また、電話相談や障害年金の無料判定、電子書籍を申し込んでくれた人も、
年々増加していて、今年はのべ10,389名もの人から相談等がありました。

※2020年の数値は、1月1日から12月29日までで集計しています。

 

YouTubeのチャンネル登録者数も4千人を超えましたし、
動画・ブログ・メルマガ・電子書籍といったコンテンツ数も8,727件に達しました。

 

こうしてみるとけっこう良い感じで1年を過ごせたなと思いますが、
その一方で、できなかったこと・やらかしてしまったこともあります。

それは、
「不適切な人と関わってしまった」
ということです。

年間でのべ1万人の相談等をやっていると、
たまに変な人もやってくるのです。

正直な話、
障害年金の不正受給を狙った人からの相談もくるのですが、
これはすべて見破って追い払えたと思います。

不正受給が増えると審査が厳しくなってしまい、
本来年金をもらえるはずの人が受け取れなくなってしまうことが起こりえます。

そんなことは許せませんので、
私たちは障害年金の不正受給にはメチャクチャ厳しいのです。

不正受給防止のため、
万が一が起こったときに障害年金を取り下げるための書類も
すべてのお客さんからもらっているくらいです。

おかげで、
うちを経由しての障害年金の不正は防げたはずです。

それは良かったのですが、
残念だったのがうちが関わるべきでない人の依頼を受けたしまった
という案件もあったのです。

知っている人は知っている話ですが、
私たちは誰の依頼でも受けるわけではありません。

私たちは障害年金という経済的安心を提供し、
お客さんはその対価として報酬を支払う。

これがお客さんと私たちとの関係です。

どちらが上とか下とかありません。

対等な関係です。

”お客様は神様”なんて、かけらも思ってません。

だからこそ私たちは、
お客様とは言わずに「お客さん」と呼ぶんです。

このような観点から、
私たちは「こんな奴は客じゃない」という基準をもっています。

それがこの3つです。

①横柄な態度をとる人
②お金が判断基準の人
③人の悪口ばかり言う人

どれか一つにでも該当したら、
その人は私たちのお客さんではありません。

当然ながら依頼も受けません。

しかし、誤って依頼を受けたケースが1件だけ発生したのです。

こんな奴は客じゃない要件に該当していることが
後になって発覚したケースでした。

細かい経緯は省きますが、
契約を解除して関わることを止めました。

 

私個人の考えですが、
”本当に嫌な人とは距離を置く”
というのを自分に言い聞かせています。

今の世の中って、
一番のストレスは人間関係だと思うんです。

誰とも関わらずに生きていくのは難しいですが、
世界には70億も人間がいますし、
日本だけでも1億2千万人もいます。

これだけ人間がいるのですから、
嫌な人とは離れ、
そうでない人とだけ関わるようにしてもいいじゃないですか。

これを実践してみらた意外と問題なく生活できましたし、
ストレスもかなり少なくなりました。

全国障害年金パートナーズに障害年金を依頼する人の多くは、
うつ病で苦しんでいる人です。

あなたも知っての通り、
ストレスはうつ病の大敵です。

ストレスから離れてゆっくり休むことが大切です。

私はストレスから離れるということを実践しているだけです。

あなたも、
ストレスの原因となる人から離れるということをやってみませんか?

最初のうちはうまくいかないかもしれません。

でも、
電車でうるさい人が近くにいたら、
その人から離れて隣の車両に移るといった簡単なことから始めてください。

こういったことができれば、
あなたもストレスの原因から離れていくことができるはずです。

インターネットが発展してSNS全盛期の今、
人と人はつながっていると言われています。

そんな世界ですが、
あえて人と離れても良いのでは?

私は嫌な人から離れ、
その分妻と娘のために時間を使います。

という感じで考えている私たちですので、
価値観が合う人と合わない人がはっきり分かれると思います。

今回の記事を見て不快感を感じた人は私とは合わないので
離れていってください。

逆に、私たちの価値観に共感してくれた人は、
ぜひ全国障害年金パートナーズに障害年金を依頼してください。

きっとあなたに障害年金という経済的安心をお届けします。

あなたが療養に専念できるように、
経済的な不安を解消できるように、
迷惑ばかりかけて申し訳ないという家族への罪悪感をなくせるように、
全力でサポートします。

それではあなたからの連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける