うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

やればできる


From:山崎純平
草加のカフェより、、

無意識に、これはできないな〜と思っていることってありませんか?
私は、「料理」が昔から苦手です。

今まで料理はほとんどしてきませんでしたし、時々料理をしても、「片付けが面倒だな」「疲れるな」と感じていました。
いつしか、「料理は自分には無理!」という思いを強化していきました。
そのため、結婚相手の条件を「料理のできる人」にあげていました。

ありがたいことに、妻は料理が得意で、とても美味しい料理を作ってくれます。
彩のことを考えたり、栄養のことを考えたりしてくれています。

最近、妻が忙しく、家でも疲れています。
「妻のために何かできないかな〜」と考え、掃除・洗濯を率先してやっていました。
ただ、料理だけはできませんので、料理は妻にやってもらっていました。

それでも、妻の疲労感がとれないので、「やっぱり料理をやるしかないな。」とようやく重い腰をあげて、妻に代わって、料理をすることにしました。

いざやってみると、やっぱり大変でした。
献立を考える。
ただ今日の晩ご飯の献立をを考えるのではなく、明日のお弁当のことも見据えて、献立を考えなければいません。
色々と考える必要があるんだな。

具材を切る、焼く、煮る、洗い物・・・

けっこう料理って難しいし、手間がかかります。
妻はこんな大変な作業を毎日、黙々とやっていたのだ・・・
と初めて、妻の大変さと同時に、凄さを感じました。

確かに料理をするのは面倒です。
自分ひとりだったら、きっとカップラーメンで済ませてしまったでしょう。
でも、私を突き動かしているのは、「妻のために」という思いです。

試行錯誤をしながら、料理を手伝って1ヶ月ほどが経ちますが、だいぶマシになってきました笑
不思議なことに、料理をするのが、少し楽しみでもあるのです。
自分で食べたいものを決められる自由があるのですね。

でもやりすぎると、妻に怒られます。
「またお肉〜〜。魚が食べたい〜」
と言われてしまいます。

「自分には無理だな〜」と思ったことってありませんか?
そして諦めていませんか?

それは障害年金も同じことがいえます。
ネットの情報に踊らされて、自分は障害年金をもらえない・・・と思い込んでいませんか?
ぜひ私たちにご相談ください。
あなたが障害年金を受給できるか、たった5分で判定をします。
あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける