うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

取り消せませんが、取り戻せます


From:山崎純平
草加のカフェより、、

郵便局で切手を買おうと列に並んでいると、郵便局の窓口の男性が大きな声で、

「この住所間違っていますよ!何回言ったらわかってくれるんですか!」と、

50代の男性に強めな口調で話していました。

その50代の男性はワナワナと震えていました。

50代の男性は、振込先口座の変更をしようとして、申請書を書いてきたようですが、
その住所は、現在の住所ではなく、昔の住所を書いてしまったようです。

50代の男性が間違って書類を書いたのは、
1回ではなく、2回も書いてしまったようです。

それに対して、郵便局の職員がイライラしてしまったのでしょう。

それだけで怒るのはちょっと・・・と思いますよね。
その郵便局の窓口の男性は、きっと色々なストレスを感じていて、
心に余裕がなかったのかもしれません。

例えば、
お昼ご飯を取る時間がないほど、業務が忙しすぎて、心に余裕がなかった。
上司から毎日、パワハラを受けていて、イライラしていた。
妻から、そんざいに扱われていた。

相手の背景を想像すると、色々なことが見えてきます。

あなたもきっと、イライラしてしまい、家族を傷つけてしまうことあると思います。
でも好き好んで、イライラをぶつけているのではないと思います。
本当にどうしようもなくて、気がついたら、ひどい言葉をぶつけてしまったのだと思います。

そして、そのあと「どうしてあんなひどい言葉を言ってしまったのだろうか」
と自分を責めてしまっているかもしれません。

言葉は相手を傷つけることもありますが、一方で言葉で相手を元気にすることもできます。

私も、妻についイライラをぶつけてしまったことがありました。
本当に些細なことが原因でした。

妻から「流しにお皿を置いたら、ちゃんと水につけておいて」と言われたことに、
「わかってるよ!」とつい強い口調で言ってしまいました。

最近、少し寝不足が続いていて、イライラしていたのが原因です。
言ってしまった時「あ!」と思いましたが、一度言った言葉は取り消せませんでした。

妻と気まずい雰囲気になり、その場から逃げるように自分の部屋にこもりました。
自分を責めてしまい、落ち込んでいました。

なんであんなこと言っちゃったんだろう。

それから、しばらくしてリビングに戻ると、妻はそこにはいませんでしたが。

お菓子が1つテーブルに置いてありました。

「純平君へ
気をきかせて洗濯物を
回してくれてありがとう」

 

と書かれていました。

その時、涙がぽろっと出ました。
その瞬間、ダッシュで妻の元へいき、
「さっきはごめん」
と謝りました。

妻も「こちらこそごめん」と言ってきたのです。

このお菓子のメッセージから、
より妻の愛情を感じました。
妻の愛を取り戻したのです。

なんか、この言葉で、今まで感じていた疲れが一気に吹き飛びました。

言葉の力ってすごいなと思いました。

私も多くの人の不安を安心に変えるべく、相手を元気にする言葉を使っていきます。

 

PS:私も妻へメッセージを書きました。

※「みーたん」とは、妻のあだ名です。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける