うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

良い記事(ブログやメルマガ)を書き続けるために気をつけること

From:宮里竹識
下北沢のスタバより、、
この記事を読んでいるあなたなら、
時折宮里がカフェでメルマガやブログを書いていることを
ご存じかもしれません。
カフェの方が書きやすいとか
オフィスだと書けないというわけではありません。
社会保険労務士として独立するまでは、
社内にこもって仕事していることが多かったので
その反動かもしれません。
また、カフェにいると近くの人の話が耳に入ってきますので、
そこからメルマガやブログのネタにつながることもあります。
毎日情報発信しているとどうしてもネタが尽きてしまうので、
常にネタ探しをすることになります。
そして、ブログのネタはオフィスにこもっているよりも
外にいる方が情報が入ってきやすいというのもあるかもしれません。
というわけで、今日も下北沢のスタバで仕事してます。
しかし、いつものスタバではありません。
ここ2週間ほどリニューアル工事をしていて
本日リニューアルオープンしたので来てみました。
イスやテーブルが一新されていて、
前よりオシャレになっています。
空間をうまく使っていて、
以前より収容人数が増えているのにまったく狭く感じません。
とくに好感を覚えたのは、
土日なんかは人が多くて座れない人があぶれていたのですが、
順番待ちをする人が飲み物を置くためのテーブルが設置されていた
というところです。
ちょっとしたことですが、嬉しい心遣いです。
今はリニューアルオープンの店内で人間観察をしているところですが、
入ってきたお客さんが店内が変わっていることの物珍しさから
店内を見渡してウロウロしているのが面白いです。
そうこうしていると、店員さんがリニューアルのウェルカムドリンクを
もってきてくれました。
ミニサイズのフラペチーノです。
美味しかったのですぐに飲み干してしまいました。
そんなこんなしながら同業の社労士さんの
ホームページやブログを見ることにしました。
私と同じく障害年金を専門にしている社労士さん、
要は競合調査ですね。
より良いサービスを提供するためにも
競合調査は重要です。
そんな中、ある社労士さんのブログで面白い記事を見かけました。
内容としては、自分の書いた記事(コンテンツ)がパクられた
という話でした。
ある程度のパクリパクられは仕方ないのですが、
なんだかなぁ〜といったことが書かれています。
そのままマネをすると重複コンテンツとして
Googleからマイナス評価されてしまうのに、
というコメントをしていました。
まったくそのとおりですね。
何か情報発信するときには、情報元があることを考えると
ある程度パクリが横行するのは自然なことだと思います。
私のブログやメルマガも、
近くで話している人の雑談やインターネット上のニュースなんかを
よくネタ元にしています。
ある事実、またはテーマを同じくして
自分なりの見解を述べるだけで独自のコンテンツになります。
しかし、楽をしようとして他の人の記事をそのまま自分の記事として
載せてはいけません。
一つ間違えると盗作ですし、
倫理に反します。
先のブログで社労士さんが言っていたとおり
重複コンテンツとして低評価を受けるのであまりよいことはないでしょう。
やはり節度を守ってパクリ合う、
情報元が嫌な気持ちにならないようなパクリ方が大切だよなぁ〜。
そんなことを思いながらその社労士さんの直前の記事を見ると、
テレビ局から電話があり、うつ病に関する問合せを受けたという記事が
ありました。
仮説検証型で番組構成を作っており、
その流れにあうコメントを求められているように感じた
というような内容でした。
あれっ、どこかで見たような気が…。
というか、私も同じような記事を書いています。
参照
テレビ局から怪しげな問合せがありました
テレビ局から問合せがあり、作為的なものを感じたという流れは
私の記事とほぼ同じです。
しかも、その社労士さんが記事を書いた半日後くらいに
私の記事が投稿されています。
見ようによっては、私がその社労士さんの記事をパクったようにも。。。
思わずドキドキしてしまいました。
一応弁明させていただくと、
私のところにも問合せがあってこれはよいネタになると思って
記事にしただけで、記事を投稿してからその社労士さんの記事を
見つけたのであって、決してパクったわけではありません。
不愉快な思いをさせたのであれば申し訳なかったですし、
問合せいただければどこのテレビ局だったかや番組名もお答えします。
テレビ局からの問合せという点で、
記事の情報元が同じであったということは証明できると思います。
また、記事の後半部分は私の感じたことを書いており、
まったく違う内容になっているので、コンテンツとしては別物かと。
色々言い訳っぽいこと書きましたが、
その社労士さんのいうパクられたコンテンツが宮里の記事のことでなければ、
私は自意識過剰の恥ずかしい人になってしまいますね(;゜ロ゜)
でも、一つ勉強になりました。
完全にオリジナルのコンテンツを出し続けるのは容易でない
ということです。
障害年金の制度の説明なんかは誰が書いても同じような内容になってしまうけど、
新聞記事や厚労省の発表などを記事にするときは注意が必要ですね。
なるべく宮里個人の見解や感じたことをコメントすることで
オリジナルのコンテンツにしていきたいと思います。
ちなみに、私がYouTubeで公開している動画、
「うつ病者のための障害年金WEBセミナー」
も私の知らないサイトで紹介されていたりします。
多くの人に見てもらえるという意味では嬉しいのですが、
そのようなサイトにはアフィリエイトなどが貼ってあって
広告収入を得ています。
それ自体を否定する気はありませんが、
私の動画を見た人が変な広告に引っかかって
よくない商品を購入してしまうということがないかが心配です。
気にしすぎですかね。。。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける