うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

1日16時間ゲームをしています


From: 長塚崇宏
世田谷のカフェより、、

いや〜、
ゲームって面白いですよね。

僕は今まで色々なゲームにハマってきました。

ポケモン、モンハン、ドラクエ、クラロワ
カードゲームだとマジック・ザ・ギャザリングが大好きでしたね。

クエストを1つ1つをこなして、
敵を倒したり、アイテムを手に入れたりして、
ゲームをクリアするのが楽しいんですよね。

クエストを1つ1つをクリアする、
あの楽しさを日常生活に応用できないかと思い、
最近、色々と考えてみました。

日常生活をゲーム化してしまえば、
仕事もプライベートも捗るんじゃないかな〜と思って笑

そこで閃いたのですが、
世に言うToDoリストの作成・実行も、
ゲームのクエストと一緒じゃないかと考えました。

自分で作成したToDoリストをクエストと名付けて、
ゲーム感覚でこなしていけば、
面倒臭くて後回しにしがちなことも、
率先してやれそうですよね。

ずばり、「日常生活ゲーム化計画」です笑
ToDoリストの項目は、日常クエストと命名してみました(^^)

もちろん日常クエストをクリアした後は、
ゲームのように報酬やアイテムみたいな物が欲しいですよね。

なので僕は報酬として、
日常クエストをクリア後は、
大好きなお菓子を食べるか、
ボーっとするか寝るのが好きなので、
5分の仮眠を報酬にしてます笑

この「日常生活ゲーム化計画」を始めてみたら、
思った以上に効果がありまして、
面倒臭くてやらない事も減りましたし、
習慣化してい事も習慣になりました(^^)v

1日16時間ゲームをしている感じです笑

やらなければならない事を、
1つ1つ解決していくのって大事ですよね。

これは障害年金にも同じことが言えます。

障害年金を受給するには、
役所に行って色々確認することもあり、
病院に問い合わせなければなりませんし、
書類の準備・作成が必要で、
多くの問題が現れてきます。

ただでさえ、うつ病の症状で辛いのに、
あなたはその多くの問題を解決しなければなりません。

あなたは1人で多くの問題を解決できそうですか?

もし解決できそうになくても、
障害年金を諦めないでください。

僕たち全国障害年金パートナーズがいます。

どのようにしたら、
あなたが障害年金を受給できるかサポートします。

障害年金を受給できるかの、
無料の電話相談も行っております。

あなたからの、
ご連絡をお待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける