うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

耐えられませんでした


From:山崎純平
草加のカフェより、、

寝ちゃダメだ、寝ちゃダメだ。

何度も自分を言い聞かせたのでしたが、ダメでした。
してやられました。
あまりに気持ち良すぎるのです。

仕事を終えて、帰宅するため、埼京線の電車に乗っていた時のことです。
ちょうど運良く座れました。

30分くらい電車に乗っているので、「本が読める!ラッキー」って思っていました。

マインドフルネスの本を、以前から読みたかったのです。
マーカーを手に持ちながら、本を読み始めました。

「うんうん、なるほど〜」
とてもタメになります。

しかし、気がつくと、意識が飛んでしまうのです。

いかんいかん、と気持ちを立て直します。

意識が飛ぶ前の箇所を読み始めるのですが・・・
また気がつくと、意識が飛んでいます。

コックリ、コックリと寝てしまうのです。

だって、とっても車内が快適なんですもの^ – ^
電車の座席がじんわりと暖かいのです。
そして、いい感じに電車が揺れるのです。

まるでゆりかごにいるようです。

それに加えて、寝不足もあいまって、効果抜群!

気がつくと、寝ていました。
誰かが、私に催眠術をかけているのか?と思うくらい、見事に催眠術にはまっています。

でも、意識が戻って、「いかん、いかん」と思って、本を読もうとしても、ダメでした。

意識戻る→本を読む→数秒で意識飛ぶ→意識戻る→意識飛ぶ前の行を読む→意識飛ぶ・・・

こうして、本の同じ箇所をひたすら読み返していました。

自分と格闘すること、30分。
気がついたら、自宅の最寄駅についていました。

当然、本の内容なんか、さっぱり覚えていません。
また、とても頭が冴えません。眠気があります。

中途半端ですね。

寝るなら寝る。
本を読むなら読む。
と、ちゃんと決めておけばよかったです。

眠かったら寝るのが一番良いです。
体が感じていることに、正直になった方がいいなと思いました。

あなたも精神的に不調で、「休みたいな」と、体からのサインに気がついていると思います。
体のサインに素直に従って、「休みたい」とは思っていても、お金の不安があると、
「休んでいられない。働かなきゃ。でも、体が辛過ぎて働けない。」と考えてしまい、
苦しんでいませんか?

まずは何より、休むことが大切です。

でも「お金が心配です」と思っていることと思います。

そんなときに、障害年金をご検討下さい。
精神的な症状で日常生活に支障が出ている場合、障害年金を受給できる可能性があります。

障害年金が受給できれば、あなたの抱えている経済的な不安もかなり軽減されます。
その結果、より治療に専念ができます。

まずは、私たちにご相談ください。
あなたの力になります。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける