うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

開き直ることにしました


From:山崎純平
草加のカフェより、、

「府中本町駅で、線路内に人が立ち入ったため、少々この駅で停車します」
と車内で、アナウンスが流れました。

朝の通勤電車でつきものの、電車遅延です。

車内で「はぁ〜」とため息が、もれています。
まじか〜とイライラを募らせる人もいます。

そして、私も「はぁ〜」と思わずため息をもらしてしまいました。

今は、月曜日の朝です。
今週から「さぁ、仕事だ」と気合を入れたのに、まんまんと、気合がくじかれました。

せっかく、朝早く家を出たのに。
次の電車に乗れるかな?
次の電車に乗れなかったら、会社に遅刻しちゃうよ。
間に合うかな?
いつ出発するんだろう。

ともくもくと、不安な気持ちが出てきました。

本を読んでいたのですが、まったく、本の内容が頭に入ってきません。
文字を読んでも、上の空です。
そのかわり、どんどん不安な気持ちが頭を支配しました。

いつもなら、嫌な気持ちになって終わるのですが、ふとぴーんと、ある考えが浮かびました。

電車の遅延って、別の自分のせいじゃない。
自分を責める必要なんて全くないな。
落ち込む必要もないな。

そもそも、不安に感じても、電車の遅延が解消するってこともないよな。
めちゃくちゃ不安に感じれば、その分、電車の遅延が解消するなら、めちゃくちゃ悩むよ。
「悩む選手権」があったら、誰にも負けない自信があるよ。
でも、それって意味ないない。

不安な気持ちにとらわれて、読書ができないのは嫌だ。

電車が遅延して、会社に遅刻しても、それは電車のせいだしな。
宮里さんは心広いから、絶対に怒られないしな。
むしろ、「電車で遅延して、よかったですね。本を読めるからね。」
とポジティブに返してくれるな。

というふうに、いい意味で、開き直りました。

そしたら、さっきまで私を支配していた不安君はどっかいっちゃいました。

別に、遅延してもいいや^ – ^

そうして、私は、イライラがつもる電車の中で、1人優雅に読書を楽しんだのでした。

読書に集中しようとしたら、
「これから出発します。つり革におつかまりください。」
と車内アナウンスが流れました。

会社に遅刻することなく、無事についたのでした。

あ〜あのとき、いい意味で、開き直りをしてよかった。

あなたも精神的な苦痛で苦しんでいるかもしれません。
でも、それはあなたのせいではありません。

精神的な苦痛を起こした原因は、あなたではなく、あなたに辛くあたってきたパワハラ上司のせいです。

とても辛い思いをして、「こんな上司に負けてはいけない」と必死に頑張ってこられたのだと思います。
本当は自分の体調の悪さに気がついていても、無理に自分を奮い立たせてきたのだと思います。

もう頑張らなくて大丈夫です。

でも、経済的な不安が強いのです・・・とお金の不安を抱えていると思います。
そんなときは、障害年金をぜひ受給してください。
精神的な不調が原因で、働けなく、日常生活に支障が出ているのなら、あなたは障害年金を受けられる可能性があります。

まずは私たちにご連絡をください。
あなたの力になります。

あなたからのご連絡をお持ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける