うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

後輩芸人が年金を払わない理由


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

僕は過去にお笑い芸人をやっていました。

お笑い芸人と聞くと、
華やかで楽しそうな世界かと思われがちですが、
実際はそうではありません。

みんなアルバイトをしながら活動しており、
生活費もままならず、年金や健康保険が払えず、
住民税を滞納してる芸人も一定数いました。

特に年金を払っていない芸人は多かったです。

みんな年金は老後にもらえるものと考えてますし、
また過去の社会保険庁の不祥事で、
年金は信用できないって人も多かったです。

逆に年金を払わないのを正当化してる人もいました。

僕の後輩芸人にも、
年金を全く払ってない子がいまして、
その払ってない理由が、

「お父さんが年金制度は破綻するから、払わなくていいと言ってるから」

と言う理由でした。

何と後輩は自分の考えで払っていないのではなく、
お父さんに言われて払っていなかったのです。

驚いた僕は後輩に、
お父さんの職業を聞きました。

そしたら何とお父さんの職業は、
″サラリーマン″ だったのです。

しっかりと給与から、
厚生年金保険料が天引きされてるとの事でした。

お父さん自身はしっかりと年金を払っているのに、
子供には ″年金は払わなくて良い″ と説明していたのです。

当時の僕はすでに社会保険労務士の資格を持っていたので、
年金は老後だけに貰えるものではなく、
万が一に自分が亡くなった後に、遺族に払われる遺族年金や、
一定の障害を負った時に、払われる障害年金について説明しました。

後輩は遺族年金や障害年金は、
何となく聞いた事ある程度だったのですが、
僕の説明を聞いて、
慌てて次の日に市役所に行き、
免除の手続きを行いました。

このように年金制度について、
理解してない人が多いのが現実です。

年金は老後の ″保障″ ではありません。

老齢・障害・死亡に対する ″保険″です。

障害年金もその保険の1つです。

一定の障害を負ってしまい、
働けなくなった時に受け取れる年金です。

また、
″うつ病では障害年金は受給できない″
と勘違いされてる方も大勢います。
(医師でも誤解されてる方がたくさんいます)

ですが、そんなことはありません。

うつ病でも障害年金を受け取れます。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

障害年金が受給できるかの、
無料の判定も行なっております。

お電話での無料相談もしています。

1度、ご連絡をください。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける