うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

陰キャ→芸人→社労士


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

僕は中学生時代はまん丸に太っていて、
根暗で人見知りな子供でした。

今で言う ″陰キャ″ と言うやつですね。

そんな僕は高校生の時から、
お笑い芸人を目指し始めて、
″陰キャ″から一転して明るい性格になり、
人見知りもしなくなりました。

さらに痩せたので、
中学時代の同級生に久々に会うと、
僕の変貌ぶりに同級生は驚きます。

お笑い芸人を10数年ほど活動した後は、
色々あって社会保険労務士になりました。

さすが難関国家資格の社会保険労務士、
人生の中で1番勉強しました。

お笑い芸人の活動を知ってる人に久々に会うと、
よく「まだ芸人やってるの?」と聞かれます。

特に昔から「いつになったら売れるの?」と、
馬鹿にしてくる人からは、
半笑いで「まだ芸人やってるの?」と聞かれますね(^^;)

そんな人に今は社会保険労務士をしてる事を言うと、
また芸人からのギャップで驚かれます。

陰キャ、お笑い芸人、社労士と異色の経歴と言われますが、
僕が何を伝えたいかと言いますと、
人はいくらでも変われるんですよね。

人は何かに挑戦する時、
「自分には無理だ」
「失敗したらどうしよう」
そんな風に考えてしまいます。

僕も中学生時代は自分に蓋をして、
自分の殻に閉じこもってましたが、
今では普通に就職していたら味わえない、
経験と経歴を手に入れられました。
(あと芸人をやっていたおかげで、マジックとメンタリズムの特技を得れました)

過去と他人は変えられませんが、
未来と自分は変えられます。

僕は医師ではないので、
病気を治すことは出来ません。

ただ、人生が変わるキッカケのお手伝いは出来ます。

僕は ″うつ病の障害年金専門の社会保険労務士″ です。

うつ病で働けなくて大変辛い状況でも、
障害年金と言う経済的な安心があれば、
療養に専念できますよね。

療養に専念できれば、
また働くことが出来るようになるかもしれません。

障害年金の受給を検討してみませんか?

私があなたの障害年金受給をサポートします。

ぜひご連絡をください。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける