うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ちょっと、冒険してみました


From:山崎純平
草加のカフェより、、

あなたは坦々麺を好きですか?
私は、大好きに「なりました。」

以前までは、辛いのが苦手で、避けていました。

社会人になっても、お寿司を頼むときは、
サビ抜きを毎回、頼んでいました。

社会人になって、母とお寿司屋さんに行ったときです。

母が板前さんに
「一人、サビ抜きでっ!」
と声高に伝えるのが、とっても恥ずかしかったのを今でも覚えています。

板前さんに
「大の大人がサビ抜き?子供だな?」って
思われてしまっているのではないかと
勝手に考えて、落ち込んでいました。

そんな辛いのが苦手だった私ですが、
最近、辛いのが好きになりました。

宮里さんオススメの、坦々麺を食べに行ってきたときのことです。
何回もリピートしているお店です。

 

 

見てください。
この赤赤しい色。
しかも唐辛子が2つものっています。
いかにも辛そう〜〜

この商品名が「烈火」です。

名前からして、辛そうじゃないですか?

このお店で一番辛い坦々麺です。

いつもなら、ワンランク下の「紅」を選んでいます。
紅は、ピリ辛ですが、なんとか食べられるレベルです。

今日は、「いつも紅食べているからな。いつもと違う刺激が欲しい!」
ということで、刺激を求めて、烈火を選択。

出てきた坦々麺が、上記の写真の通りです。
やばい。
想像を絶する赤さ。

スープをすすると、辛っ!っていうか痛い!
想像をはるかに超えてくる辛さです。

やばい!これ食べきれないかも?
味わう余裕は全くありません。
残さずに食べる、それだけを考えて無心で食べました。

舌がヒリヒリしてきます。
水を飲んでも、ヒリヒリは治りません。

今は冬ですが、気がつければ、「今夏ですか?」というくらい
汗がダラダラと流れています。

なんとか食べ切りましたが、正直
「紅のほうがよかった」
と後悔をしました。

でも、達成感を感じていました。
食べ切った。やった!こんな辛いのを食べた自分ってすごい!

お店を出ると、肌寒かったですが、涼しく感じるほどでした。

ですが、帰りの電車で、胃がヒリヒリするのです。
翌朝、お腹の調子が悪いです。
トイレの行く回数が、通常の3倍!

烈火を頼まなければよかった。
と後悔するのが普通ですが、ポジティブに考えてみました。

「今後は、烈火を頼まない方がいい。」ことがわかった。
やっぱり、「今後は、紅を選ぼう」とわかった。
というふうに考えることができました。

エジソンの言葉を借りれば、
それは失敗じゃなくて、その方法ではうまくいかないことがわかったんだから
成功なんだよ。

エジソン先生がそう言っているのだから、私の経験は落ち込む必要ないですね。
たとえ、トイレに行く回数が増えたとしても・・・

ただし、障害年金では、エジソン先生の言葉は当てはまりません。

障害年金の申請をしてみて、難しかったら、この申請ではダメなんだ。
だから、次はこうしてみよう・・・
とはならないのです。

障害年金を自分で申請をしてダメだった場合、それまでです。

大変な思いをして障害年金の申請をして、結果がダメだった・・・
より一層、落ち込んでしまうでしょう。

あなたは、そんな経験をする必要なんて全くありません。
私たちが、あなたに代わって、障害年金のサポートをしますので、ご安心ください。
しっかりと今まで培った障害年金のノウハウを惜しみなく使います。

まずはご連絡ください。
あなたが障害年金を受給する上でのポイントをお伝えします。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける