うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

母の日のプレゼント


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

先日、母の日だったので、
母へのプレゼントを買いに行きました。

母の日のプレゼントと言えば、
そうです、カーネーションですね。

カーネーションを買いに、
行きつけのお花屋さんに行きました。

顔馴染みの店主のおばちゃんに、
母の日なのでカーネーションを買いに来たことを伝えました。

おばちゃんは僕の母についても、
よく知っています。

おばちゃんは言いました。

「カーネーションも良いけど、こっちのお花も良いんじゃない?」
「きっと、お母さんも好きだと思うわよ」

そう言っておばちゃんは、
白色と紫色でキレイに咲いてる、
「テッセン」と言う名前の花をススメてくれました。

 

おばちゃんは続けて言います。

「いつもカーネーション系の赤い花ばかり買うでしょ」
「あとブーケタイプばかりだから、こう言う植えられるのも、たまには良いんじゃない?」

僕がいつも買ってる花の傾向を考慮して、
オススメを考えてくれました。

確かに僕はいつもワンパターンで、
赤いカーネーションで、ブーケタイプを買っています。

おばちゃんはそんな僕を見て、
お花屋の店主として、
いつもと違うオススメを選んでくれたんですね。

僕はオススメされたテッセンを見て、
たまには違う花をプレゼントしたら、
母も喜んでくれると思い購入しました。

テッセンを買って母にプレゼントしたら、
母はいつもと違う花に驚いて、
とても喜んでくれました。

僕はとても嬉しかったですが、
それと同時におばちゃんに感謝しました。

花屋の店主のおばちゃんは、
お花のプロです。

やっぱり相談するなら、
プロに相談するのが1番ですね。

障害年金にも同じことが言えます。

障害年金の申請は作成する書類が多く、
さらに専門用語がたくさんあって複雑です。

さらに障害年金を受給できるぐらいの症状であっても、
書類の書き方1つで不支給になる可能性があります。

うつ病の症状で辛い中で、
あなたは障害年金の申請を成功させる自信はありますか?

もし難しいと思いましたら、
全国障害年金パートナーズのご連絡ください。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける