うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

逃げるのは恥でもなければ、勇敢な行為


From:山崎純平
草加のカフェより、、

「逃げる」という言葉を聞いて、あなたはどんな印象を抱きますか?

 

・悪いこと
・卑怯
・我慢が足らない

 

とネガティヴな印象を抱いているかもしれません。

私もそのように考えていましたが、そう考える必要は全くありません!
逃げるとは、勇気のいる勇敢な行為なのです!

あなたはとても真面目な人です。
きっと、自分の限界を超えても、頑張りすぎてしまう人なのでしょう。
だから、精神的な不調になってしまっているのかと思います。

私もそうでした。
パワハラのひどい上司の元、働いていた時です。
そのパワハラ上司は、ことあるごとに
「頭大丈夫か?」
「ほんまにやる気あるの?」
「こんなこともできないのか?」
とトゲのある言葉を浴びせ続けました。

当時、私は入社して1ヶ月も経っておりませんでした。
パワハラ上司の言動により、日に日に、眠りが浅くなり、
朝起きると、疲れが全く取れていませんでした。

心臓がドキドキするのはなぜなんだろうか?と思っていても、
そのドキドキを止められません。

明らかに体の調子は悪かったのですが、辞めるという選択肢がありませんでした。
いや考えることができませんでした。

・ようやく就職した会社だしな
・転職をするのってとっても難しいだろうな
・母親に迷惑や心配をかけられない
・入社1ヶ月で退職するのは、世間的によくないな
・ここでやめたら、どこいってもやっていけない

と自分を「会社に残るよう」に正当化していきました。

自分にムチを打って、会社に行ったのですが、行けばいくほど、
体調がどんどん悪くなっていきました。

色々と考えました。
・やっぱり、この会社に行くのは難しい。
・でもやめたら・・・

結果、辞める決意をしました。
ずっと考えていました。
ずっと、ずっと。寝ても冷めても、平日も休日も。

結果、辞めてよかったです。
転職も思ったほど、難しくなかったですし、
転職先のスタッフもめっちゃ優しかったです。
天使かと思うくらい、よくして頂けました。

辞めるという決断をするのは本当に大変でした。
色々なシチュエーションを考えました。

でもその決断をした自分ってすごいなと、今思うんです。

人って、「今の現状を維持しよう」とする力が強く働くそうなんです。

例えば、ダイエットを始めても、途中でやめてしまうのと同じです。

今のままを変えたくないという力がすごく働くので、
「辞める」という今の現状を変えることって
かなり内なる声という抵抗勢力に合うのです。

そのままいたら、自分の体がボロボロになるとしても・・・です。

その抵抗勢力に抵抗して、辞めるという決断をするのは本当に勇気のある行為なのです。

あなたは、きっとパワハラ 、セクハラ上司、長時間労働などなどのストレスにさらされたと思います。

あなたは「その場に止まる」という選択肢があったとしても、あなたはそのストレスと戦う、
つまり逃げるという勇敢な行為をしたのです。

きっとその決断をするのに、葛藤があったと思います。
家族、友人の反対の声もあったのかと思います。

でもあなたは決断をしたのです。
その決断は普通の人はできません。
あなただからできたのです。

あなたは、とても勇敢な人です。

どうぞ、あなたの障害年金のサポートをさせてください。
あなたが障害年金を受給できれば、あなたの抱えている不安な気持ちは解消されます。
その結果、治療に専念ができますので、あなたはまた前と同じように、職場復帰、
社会復帰ができるのです。

どうぞ、少しでも障害年金を受給してみようと思ったら、ぜひご連絡をください。

何度もいいます。逃げることは勇敢な行為です。
あなたは勇敢です。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける