うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金、あと◯年でオンライン申請できる!?


From:宮里竹識
世田谷の自宅より、、

私たち全国障害年金パートナーズは
基本的にテレワークで仕事しています。

メンバー全員、
自宅やカフェなんかで障害年金のサポートをしています。

今の世の中は
パソコンとスマホがあれば
たいていの仕事はできます。

ありがたいですね。

おかげでコロナの危険に身をさらすリスクを下げられるし、
家で仕事することで家族との時間も増やせます。

ただ、
これだけ世間がテレワークやオンラインを推奨しているのに
障害年金の手続きはオンラインでできないんですよ。

現在2万2000ほどある行政手続きのなかで、
オンライン申請ができるのは2割ほどです。

残り8割の手続きは、
いまだに役所の窓口に行ったり郵送したりする必要があります。

政府もこの点は問題だと考えているようで、
4年半後の令和7年末までにほぼ全ての行政手続きを
オンラインで行えるようにしたいと発表しました。

なかなかオンライン化が進まなかった行政手続きですが、
9月に発足するデジタル庁のもとで作業を加速させるそうです。

対面での本人確認が必要な手続きを除く、
全体の98%にあたる手続きをオンライン化する予定です。

おそらくこれで、
障害年金の申請もオンラインで行えるようになるはずです。

今までは毎回年金事務所の窓口に行き、
整理券をとって順番待ちしてから
手続きを行ってきました。

事前に予約をすれば順番待ちしなくてもいいんですが、
2週間後まで埋まっていることが普通です。

2週間も待っていたら、
10人分ほどの手続きがたまってしまいます。

それはさすがにまずいので、
午前中の早い段階に年金事務所に行って手続きしたりするのです。

とはいえ、移動時間や待ち時間がもったいない。

オンラインで申請できれば
この時間を有効活用できます。

障害年金のサポートは、
とても時間のかかるものです。

サービスの質を維持するため月20名までしか依頼を受けていませんが、
オンライン申請ができるようになれば、
月に30名くらいまでサポートできるようになるはずです。

今でも月の後半になったら依頼を受けられなくなったりするので、
より多くの人から依頼を受けられるようにするためにも、
障害年金のオンライン化を、私も待ち望んでいます。

とはいえ令和7年末までって、
あと4年半も待たなきゃならんのか。。。

政府の動きを見つつ、
私たちもできることをやってききます。

日々新しいチャレンジをしていますので
応援してくれると嬉しいです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける