うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

後輩芸人の家が火事になりました


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

2019年の12月に仲の良い後輩芸人の家が火事になりました。

後輩芸人の家はマンションのワンルームです。

火事の原因ですが、
火の消し忘れとかではありません。

凸レンズ状の透明な物体、または凹面鏡状の反射物によって、
太陽光が収束し可燃物が発火する収斂火災と言うやつです。

水の入ったペットボトルや、
ビー玉・虫眼鏡などに太陽光が当たって、
そこから自然発火する火事です。

後輩の家の窓際に凹状の鏡があり、
そこに太陽光が反射して黒色のソファーに当たり、
ワンルームの部屋が丸々燃えてしまったそうです。

家事の後の写真を見せてもらいましたが、
ほとんどの物が燃えており、丸焦げになってました。

あいにく後輩と近隣の住民には被害はなく、
無事だったそうです。

後輩の部屋は燃えてしまいましたが、
火災保険に入っていたおかげで、
半年後にはキレイに元通りに修復されました。

ちなみに収斂火災の発生件数って、
ここ10年間で20件ほどしか発生してないそうです。

人生って何が起こるかわかりませんね。

後輩もこう言う時に、
保険に入っていて良かったと実感したそうです。

保険といえば、
障害年金も保険の1つと言えます。

一定の障害を負ってしまい、
働けなくなった時に受け取れる保険(年金)です。

うつ病で働けなくなってしまった場合でも、
障害年金を受け取ることができます。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

障害年金が受給できるかの、
無料の判定も行なっております。

お電話での無料相談もしています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける