うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

私の仕事はなにか?


From:宮里竹識
世田谷の自宅より、、

お客様の写真撮影を手伝うのも、私たちの仕事なんですよ

 

先日、良いレストランに出会えました。

とあるホテルの中にあるレストランで、
鉄板焼きのお店でした。

そのレストランの店員さんが、
冒頭の言葉を言ってくれたんです。

その言葉どおり、
写真を撮るときに手伝ってくれたり、
「ここからなら素敵な夜景が撮れますよ」
と言って東京タワーの見えるスポットに案内してくれました。

そんなやりとりの中で、
「お客様が良い写真を撮るのを手伝うことも、私たちの仕事です」
と言われたんです。

このような接客をされると嬉しいものですね。

やっぱりレストランに行ったときには、
美味しい料理を味わうだけじゃなく
思い出も残したいじゃないですか。

このレストランでは、
海鮮やお肉が目の前の鉄板で料理され、
出来立て熱々の料理が食べられました。

それぞれの料理の説明もしてくれます。

このような店員さんがいたことで
私も妻も、思い出深いディナーとなりました。

普通のレストランだと
ここまでやってくれません。

自分たちの仕事を、
料理を作ることや食事を運ぶことだと考えていたら
普通のことしかできません。

店員さんが
「良い写真を撮るのを手伝うことも仕事」
と考えていたからこそ私たちは感動したんです。

 

そこでふと考えたんです。

 

私の仕事ってなんだろう?

 

もちろん障害年金の手続きをすること、
ではないんです。

私たち全国障害年金パートナーズの仕事は、
”うつ病で苦しみ人の経済的不安を解消すること”
なんです。

障害年金というのは、
貯金がどんどん減っていく恐怖を取り除くための手段です。

うつ病との戦いにおいて、
お金の不安はとてつもなく悪影響が大きいのです。

障害年金を受け取り、
安心して休んでもらうために
私たちは働くのです。

単なる手続き屋さんではありません。

もしあなたがうつ病で苦しんでいて、
安心して休む環境が必要なら、
ぜひ私たちに相談してください。

あなたに障害年金という経済的安心をお届けします。

 

【追伸】
妻や娘が幸せに生きていくための環境を作ることも
私の仕事です。
(今はこちらがメインです)




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける