うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

社会人経験とは?


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

僕は以前、お笑い芸人として活動していました。

お笑い芸人をしていて、
楽しいことも多かったのですが、
辛いこともたくさんありました。

お笑い芸人をしているだけで、
まともに働いたこともなく、
いつもふざけてる奴と思ってる人がいます。

そう言う人によく、
「社会人経験ないくせに」
「社会人の大変さを分かっていない」
と言われたりしました。

僕が芸人の時に社会保険労務士の資格を取って、
初めて参加した地元の社労士会でも、
「まともに働いたこと無い奴が、この仕事できるわけないだろ」と、
年配の社労士に説教されました。

僕は悔しくて仕方ありませんでした。
なので、あの説教してきた社労士は今でも大嫌いです。

加藤と伊藤ってやつです笑

その後、僕は芸人を引退して社労士事務所に就職しました。
(全国障害年金パートナーズの前の職場です)

社労士の業務を学びながら、
社会人経験を積んでみようと思いました。

実際、社労士事務所で働いていて、
社労士業務を勉強できたのはタメになりましたが、
僕は疑問を持ちました。

社会人経験って何だ??
仕事覚えて毎月一定の給与が入ってくることか??
不安定な収入でリスクばかりの芸人の方が大変だったぞ??

そこで僕はある答えに気づきました。

「社会人経験ないくせに」
「社会人の大変さを分かっていない」

こう言ってくる人は芸人を、
『まともに働いたこともなく、いつもふざけてる奴』
”思い込んでる”だったんですね。

こう言う風に思い込んで僕に説教してきた人、
今思うと非常に迷惑だな〜と感じます。

今後、こう言う風に思い込んで説教してくる人とは、
積極的に距離を取っていこうと考えてます。

思い込んで説教してくる人って、
あなたの周りにもいませんか?

例えば、
「うつ病は甘えだ」
「うつ病は気合いだ」
などと言ってくる人です。

こんな事を言ってる人がいたら、
距離をとっていきましょう。

うつ病は病気です。

甘えでもないですし、
気合でどうこうなるものではありませんよね。

もし、あなたがうつ病で働けない状況で、
経済的な不安を抱えていましたら、
障害年金の受給を検討してみませんか。

僕たち全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

障害年金を受給できるかの、
無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける