うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

僕は障害年金の仕事が好きです


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

僕は全国障害年金パートナーズのメンバーになる前は、
別の社労士事務所で働いていました。

そちらの方では会社を相手に、
給与計算や労務管理の業務を主にメインに行なっていました。

毎日、担当している会社の書類を作成したり、
給与計算を行ったりしていたのですが、
正直、やり甲斐をあまり感じられませんでした。

多分、自分が直接会社と顧問契約していたのなら、
やり甲斐を感じられたと思います。

ですが事務所が顧問契約した会社の業務を、
割り振られて淡々とこなすのがつまらなく感じました。

担当している会社の人からお礼を言われても、
あくまで業務上のお礼と言った感じです。

さらに毎日、家と事務所の往復だったので、
自分という個性がオフィスの1室に閉じ込められた感じがして、
お笑い芸人から転職した自分としては発狂しそうでしたね。

社会の歯車になった感じがしたので、
自分は淡々と同じような業務をするのが苦手なようです。
(工場などの流れ作業は絶対無理だと思います笑)

そんな社労士事務所を退職して、
現在、僕は全国障害年金パートナーズのメンバーです。

僕は障害年金の仕事が好きです。

毎日、どのようにしたらお客さんに、
障害年金を届けられるのか考えることに、
大変やり甲斐を感じております。

そして無事に申請できた時に、
お客さんから言われる

「ありがとうございます」

この言葉を聞くたびに、
本当にこの仕事に出会えて良かったと感じます。

僕はこれからもずっと、
この仕事を続けようと考えています。

もし、あなたがうつ病で働けない状況で、
経済的な不安を抱えていましたら、
障害年金の受給を検討してみませんか。

僕たち全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

障害年金を受給できるかの、
無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける