うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

起業家の37%にうつ病の疑い!?


From:宮里竹識
千歳烏山のスタバより、、

ブラック企業で疲弊してうつ病になる、
上司からのパワハラでうつ病になる、
長時間労働による過労でうつ病になる。

色んなケースでうつ病が発生しますが、
起業家もうつ病になりやすい職業の一つです。

意外ですよね。

起業家といえばメンタルも強く、
常にパワフルなイメージがあります。

うつ病には縁がなさそうな気もしますが、
実際はそうではありません。

というのも、
2017年にウェブ開発「ゼロベース」を経営する
起業家の石橋秀仁さんが調査を行ったからです。

この調査は「起業家のメンタルヘルス調査レポート」として
まとめられています。

このレポートによると、
日本の起業家の37%にうつ病・双極性障害などの気分障害や、
パニック障害などの不安障害の疑いがあるそうです。

 

この数値は、なんと非起業家の7倍にもなるそうです。

 

この結果、あなたはどう感じましたか?

 

私は素直に納得できました。

起業家ってみんなが思っている以上に
ストレスが大きいんです。

新しい事業をはじめたとしても、
その多くは失敗します。

日経ビジネスによると、
ベンチャー企業が創業から10年後に生存している確率は
たったの6.3%となっています。

また、販売や集客がうまくいかずに来月の生活費も厳しい、
なんていう起業家もいるのです。

起業して失敗し、
仕事も家族もなくなり
借金だけが残った。

こんなケースもあるのです。

なかなかにストレスが大きいのが起業家なので、
うつ病になる人が多いのもうなずけます。

私も起業家の一人なので、
うつ病になってしまわないよう注意しなければなりません。

うつ病の障害年金を専門にしているからには、
自分がうつ病になってしまったら
お客さんに迷惑をかけてしまいますからね。

幸いなことに私たち全国障害年金パートナーズは、
障害年金社労士の業界では最大手でもあり、
事業はとても安定して右肩上がりを続けています。

多くのうつ病で苦しむ人を助けることで
お客さんからの感謝の声もたくさんもらっています。

山崎さんや長塚さんといった
メンバーにもめぐまれています。

何より妻と娘が私を支えてくれています。

今後も多くのうつ病で苦しんでいる人に
障害年金という経済的安心を届けていきますので
応援してくれると嬉しいです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける