うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

どうぞ、この少年を助けてください


From:山崎純平
草加のカフェより、、

突然、子供の時に思い出が蘇ることってありませんか?

ニュースで、海で楽しそうに遊んでいる家族の映像が映った時、気がついたら、
子供の時に海で遊んでいた記憶に浸っていました。

小学生1年頃だったと思います。
初めて、家族で逗子の海に遊びに行った時です。
埼玉出身の私の家族にとって、海はとても遠い存在です。
テレビでしか見たことのない、海。
初めて海を見た時、でっけぇと感じて、ただただ、海の大きさに圧倒されていました。
こんなにでかいのか。
海の目の前で、10分くらい呆然と立っていたのを覚えています。
テンションが急にあがり、それはもうはしゃいで、はしゃいで、はしゃぎまくりました。

母から、「こらこら。そんなにはしゃいだら、うちが埼玉県出身だって周りに行っているようのなものだよ」と言われてもおかしくないくらいのはしゃぎようでした。

すると、目の前に、大きな大きなスイカがあったのです。
海の波を浴びていました。

スイカではないですが、桃をおばあちゃんが見つけて、拾ったという有名なエピソードを勉強したばかりの私は、おばあちゃんと同じことをしたのでした。

大きなスイカを持ち上げて、遠くで休んでいる父や母に向かって、「スイカ!」と声高に叫んだその瞬間、

「何やってるんだ!」と聞いたこのない男性の声がしました。
そのスイカの持ち主が、めっちゃキレて、叫んでました。

まぁそれはそうですよね。
自分のスイカをどこのどいつか知らない子供が、持ち上げているんですから。

小学生の私にとって、その出来事は、とてもトラウマになりました。
今、その出来事から、20年近く経っていますが、今もこうして思い出してしまうのです。
それほどショッキングな出来事だったのです。

本当に無邪気に、悪気がなく、スイカを持ち上げただけなのに、あんなに怒るなんて・・・
それ以降、海での思い出は覚えていません。
きっと、心ここに在らず状態だったのでしょう。

あなたは、この少年に対して、どんな言葉をかけてくれますか?

きっと、優しいあなたのことですから
・気にするな
・そういう大人は一部だよ
・頑張ったね
・怖かったね
・スイカ取ったど〜って言ったらよかったね
ととっても優しい言葉をかけてくれると思います。

ありがとうございます。
もし、当時、そのような優しい言葉をかけてくれる人が側にいたら、私の心も癒されたと思います。
なお、当時は、その出来事を両親には言っていません。
自分の心に閉じ込めてしまい、一人で抱え込んでいたからです。

あなたのかけてくれた優しい言葉を、どうぞ、私だけでなく、
自分自身にもかけてください。

他人には優しい言葉をかけることができても、意外に、自分にはかけていないってことよくあると思うのです。
大切なあなたに、どうぞ優しい言葉をかけてください。
きっと、あなたの心も喜んでくれると思います。

実は、私もこのブログを書く数日前に、当時の少年の自分に、優しい言葉をかけてみたんです。
そうしたら、なんか心がほっとしたんです。
信じてもらえないかもしれないんですけれど、ホッとして、心があたたかくなりました。

あなたも私も、大切な人です。
私は、あなたを障害年金という面から、サポートをします。
もし、少しでも障害年金が気になったら、ご相談ください。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける