うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

両親が2度目のワクチン接種をしました


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

5月16日に僕の両親がコロナワクチンの、
第1回目のワクチン接種をしてきました。

そして先日、6月6日に2回目のワクチン接種をしました。

これで両親のコロナ感染リスクが少なくなりました。

僕も一安心です。

僕がワクチン接種できるのは、
いつ頃になるか分かりませんが、
とにかく早く接種したいですね。

そう言えば3月に緊急事態宣言が明けた時、
友人の1人が飲み会を計画しました。

理由は「緊急事態宣言が明けたから」です。

僕も当初参加予定だったのですが、
参加メンバーが10人近くと聞いて、
参加を断りました。

まだ東京の1日の感染者数が何百人も出ていたからです。

僕は感染のリスクがありすぎると思いました。

けど世間は「緊急事態宣言が明けたから」と言う理由で、
飲み会に参加するのです。

僕は世間と価値観がズレてるのかなと思いました。

しかし、感染リスクを考えると、
僕の行動も間違ってはいないはずです。

世間との考えのズレを認識して、
自分の身の保全のためにも、
自分の考えを持つことって大切ですね。

これは障害年金にも同じことが言えます。

障害年金は目が見えない、
足・腕がないとかではないと貰えない、
そんな風に世間では考えてる人が多いです。

また老後でないと障害年金は受け取れない等。

ですが、うつ病の方でも受給できまし、
老後でなくても受給することが出来ます。

障害年金に対して世間の認識はズレているのが現状です。

もし、あなたがうつ病で働けない状況で、
経済的な不安を抱えていましたら、
障害年金の受給を検討してみませんか。

僕たち全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

障害年金を受給できるかの、
無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける