うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

お前らの仕事は、障害年金を受給させることが目的だろう!


From:山崎純平
雨の中の、草加のカフェより、、

昨日のことです。
30代くらいの女性から、障害年金の件で、電話がきました。

「障害年金を何でもいいから、受け取れるようにしてほしい。」

「それでは、ご事情をお伺いさせていただきます。」

と言って、障害年金の無料判定を行ったところ、フルタイムで働いておりました。
また、一人暮らしをしていて、日常生活もそこまで支障は出ていませんでした。
食事も3食とれており、入浴も毎日できています。

障害年金は、うつ病等の精神的な症状のせいで、日常生活に支障が出ている場合に、
支給されます。

今回の場合、障害年金の受給が難しい方でした。
そこで、
「今回は障害年金の受給が難しいです。ただ、今後、万が一症状が悪化してしまった場合、
障害年金を受給できる可能性があります。」
とお伝えしたところ、

こっちは、日常生活支障出てるんだよ。
食事は1日1食にすればいいのか?
掃除もできないって言えばいいのか?
と、急に怒り出しました。

事実を曲げようとしていました。

さらに「あんたら、お金ほしんだろう。何とかして、障害年金を受給できるようにするのが、あんたらの仕事だろう?
とのこと。

私たちは、日常生活支障が出ていない方を、障害受給できるようにサポートをする会社ではありません。
そんなことをやったら、不正受給になってしまいます。
不正受給が増えてしまうと、審査基準が厳しくなり、本来年金がもらえるはずの人が、もらえなくなるという、おかしなことになってしまいます。

当然、この方の依頼を断りました。
最後にこの方は、
「他の社労士に何とかうまくやってもらうからいいよ。お前のところなんか頼まないよ!」と捨て台詞を吐き捨て、電話をガチャンと切りました。

私たちは、以下の方のサポートを絶対にしません。
・人の悪口を言う人。
人の悪口ばかり言っている人は、周りをどんどん不幸にしていきます。

・値切る人。
私たちの報酬ははっきり言って、他の社労士事務所より高いです。
値段だけが判断基準でしたら、どうぞ、他に行ってください。

・不正受給の相談をする人
論外です。
限りのある障害年金の資源を、本当に障害年金を必要としている人に回るようにすべきです。

もし、あなたが「そんな人っているの?」とお思いでしたら、私とあなたの価値観はぴったりです。
あなたの障害年金のサポートをさせてください。

色々な人とお話をさせていただきますが、上記の人は、ほんのわずかです。
大多数の方が、本当に障害年金を必要とされている誠実な人です。
私たちは、1日限られた時間を本当に障害年金を必要としている人に使いたいのです。

1分たりとも無駄にできません。
あなたがもし、障害年金にちょっとでも興味を持ったら、ぜひご相談ください。
あなたのために、この時間を使いたいです。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける