うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

妻をエスコートしてきました


From:山崎純平
草加のカフェより、、

先日、有休を使って、1日お休みを頂きました。
うちの会社って本当にいいな♪って思うんです。

普通、上司に「来週、お休みください。」って言うのって、躊躇しませんか?

こんな忙しいときに、なんで休むんだよ。
仕事ができないやつが、有休なんて取るな!なんて、言われることあると思うんです。

私の友達が、まさに言われました。
それから友人は、有休を取れずに、毎年、有休をドブに捨てているそうです。
もったいないです。

あなたも過去に、有休を取ろうとしたら、嫌味を言われたことはありませんか?

代表の宮里さんに、有休取りたいですと相談すると、
いいよ、いいよ。ぜひ、有休とってリフレッシュしてください。
家族サービスして、奥さんを楽にしてあげてください。
と言ってくださるのです。

そのようにおっしゃってくれるので、遠慮なく有休が取れるのですね。
そこで、先日、有休を使って、久しぶりに妻とデートをしてきました。

コロナ禍なので、外出がなかなかできなかったので、近所の公園に散歩に行ってきました。
夫婦になると、だんだん慣れてしまいます。

そこで、今回のデートでは、自分にある目標を課しました。
それは、
妻を、初めて会った人」と思って接する
です。

妻と最初会ったとき、とても緊張をしていました。
ドキドキしていた、あの甘酸っぱい思い、感情で妻に接しようと思ったのです。

慣れはダレになります。
それを放置すると、妻との仲に亀裂が入ってしまいます。
それを防ぐためには、いつも感謝の気持ちを持って、妻に接することが大切です。
でも、感謝の気持ちってどうしたらいいのだろうか?
そんなことを考えていると、妻と最初に会った時の頃を思い出している自分がいました。
あのときは、ドキドキしたな。
会った瞬間から、「結婚後の自分」を妄想してたっけ。気が早いな笑
ラインの通知もけっこう気にしてたっけ。
ラインくると、よっしゃーってテンション上がってたな。
逆に、ラインが遅いと、うなだれてたね。

と甘酸っぱい思い出が蘇ってきました。

そこで、デートでは「妻を、初めて会った人」と思って接してみました。

具体的には、
・道路側を歩く
・荷物を持つ
・寒くない?と頻繁に聞く
・トイレ大丈夫?と頻繁に聞く
・さりげなく、手を繋ぐ
・トイレに行っている際に、会計を済ませる
などなど。

かつて、モテるために恋愛マニュアルを読みまくった知識をフル活動をして、実践しました。

一番重視したのは、妻の話をしっかりと聞くということでした。
ついつい、自分が話したいことを話してしまって、普段は、妻が聞き役に回ることが多かったのです。

今回は、自分の話を封印しました。
とにかく、
「そうなんだ」
「そうだよね」
「うんうん」
とあいずちのみで、会話をしました。

すると、妻が普段は見せない(見せなくなった?)
心からの笑顔を私に振りまいてくれるのです。
効果抜群です!!!

気がつきました。
いかに、普段の自分が妻を大切にしていなかったのかを。
普段から、もっともっと妻を大切にしてあげないといけなかったと反省をしました。

慣れはダレになる。
この言葉を深く噛み締めました。
今回の有休で夫婦の絆かがより一層強くなったと感じました。

充電完了です。
明日から、またお仕事頑張ります。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける