うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

あなたは運がいいですよ


From:山崎純平
草加のカフェより、、

最近、やたらと「カメラで撮影中」という文字をよくみます。
そう、ドライブレコーダー(車載カメラ)の普及が、爆発的に伸びました。

煽り運転などの迷惑行為がニュースでとりあげられ、

一気に知名度を上げましたね。
私の実家でも、車を買い替えた際に、
「ドライブレコーダーがついているもの」を

第一優先に選んだそうです。

ドライブレコーダーのメリットは、
何と言っても、交通事故の証拠写真になる。
ドライブレコーダーが普及する前なら、交通事故の立証はとても難しかったです。
ドライバーの証言、車の破損具合、

目撃者などの客観的な証拠でしか、立証ができないのです。
そうなると、事実とは違った結果になってしまうこともよくありました。

加害者のドライバーは、事実をありのままに語ることは少ないです。
そこには、無意識に主観が入ります。
つまり、自分に有利になる発言をします。
だって、客観的な証拠なんてないんですから。

誰もわからないのです。
わざわざ自分に不利になる発言はしないですよね。

ですが、ドライブレコーダーがあれば、

そんな発言が嘘だったっていうことは容易にわかります。
だって事実がそこにしっかりと写っているのですから。

以前までも、ドライブレコーダー自体はあったのですが、
「別に必要ない。」
「邪魔じゃん。」
「使わないし。」
「お金高そう。」
ということで、全然、普及しなかったそうです。

ある調査によると、数年前は、15%くらいしか普及しなかったそうです。
でも、今は50%くらいまで普及しているそうです。
まだ50%?と驚かれると思います。
私も、もっとあると思いました。

意外に低いんですね。

知っていても、

自分には関係ないと思ってしまうと、その情報をスルーしてしまう。
そして、後から、「やっぱり大切だ!」と思って、慌ててしまう。

これは、障害年金にも同じことが言えます。

うつ病とは全く無縁に暮らしている人は、

障害年金なんていう言葉を聞いても、
「自分には関係ない」
「障害者じゃないし」
「生活保護の一種でしょう」
「それより老後の年金を増やしてくれ」
といって、障害年金の情報をスルーしてしまいます。

それは仕方ないことです。
なぜなら、今は情報社会。
ありとあらゆる情報が行き交っています。

テレビだけでなく、パソコン、スマホなどからも容易に情報が入ってきます。
その情報1つ1つを丁寧に処理していったら、

一瞬にして頭がパンクしてしまい、
日々の生活を送ることができます。
そのためには、必然的に自分に関係のある情報を

取捨選択しないといけないのです。

では、いざ障害年金が必要な状況になった場合、

果たして、障害年金を思い出すことはできるでしょうか?
または、障害年金という言葉に出会うことはできるでしょうか。

これもまた、かなり難しいでしょう。

というのが、学校で、障害年金についての授業がありません。
また、国は積極的にCMで「障害年金ありますよ」と宣伝しません。

まして、医師が「ぜひ、あなたに障害年金をお勧めします。」

と言うケースはかなり、少ないです
(中には、患者さんのために教えてくれる先生もいますが、

私の肌感覚で、5%いるかいないかでしょう。)。

ではどうやって、あなたは障害年金を知ったら良いのでしょうか?
はっきり言って、です。

運がないと、障害年金を知らずに日々過ごしてしまうのです。
あとで障害年金を知っても遅いのです。
「もっと早く知っていればよかった・・・」と

後悔されている方の声を嫌と言うほど聞きました。

逆に言うと、今こうして、

あなたは障害年金という言葉を知っているわけですから、

とても運がいいと言うわけです。

運がいいあなたは、さらに運がいいです。
というのが、私たち全国障害年金パートナーズを知っていただいているからです。
私たちは、

うつ病などの精神障害の障害年金を専門に扱っている障害年金のプロ集団です。

他の社労士でも「私たちは精神障害の障害年金を専門にしています。」と

堂々とPRされている
方もいますが、本当にそうでしょうか?

実は、障害年金を片手間で行っている社労士がたくさんいます。
社労士のメインの仕事は、個人ではなく会社相手の仕事だからです。
(入社・退職の手続きなど行っています。)

詳しくは、以下のURLをご参考にしてください。
https://spartners.jp/howto/muzu/11321/

せっかく知った障害年金。
ぜひ、受給してみませんか?
少しでも気になったら、お気軽にご相談ください。
ご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける