うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

失態!妻の気持ち全然、わかってませんでした


From:山崎純平
大宮の公園より、、

お昼休みに、ふとラインを見ると、
妻から、朝10時半にラインが来ていました。

10時半?
おかしいな。
その時間は、仕事のはずだしな。
妻が仕事中に、ラインをすることは滅多にありませんでした。

ラインには、こんなことが書かれています。

「定期券をスられた。
しかもクレジットカードと一体型。
泣きそう・・・

でも、クレジットカードは止めたよ。
だから不正利用ないよ。
これから仕事行ってきます。」

とありました。

私は、すぐに、こんなラインをしました。

すぐに気がついてよかったね。
不幸中の幸だね。
なんか、定期券の再発行できるみたいよ。

と返してしまったのです。

そうです、妻の気持ちに寄り添わず、安易に考えていたのです。

定期再発行できるし、

そこまでの金額的な被害もないからラッキーだね
って考えていたんです


定期券をスられたと言っているが、ただ、なくしただけでしょう。
大袈裟だなって思っていたのです。

その過ちに気がついたのは、

それから、7時間後でした。

妻が帰ってきて、今日の出来事を話してくれました。

話を聞くと、定期券のケースに定期券を入れていて、

それをカバンの外ポケットに入れていたそうです。
朝、会社の最寄駅に着いて、改札を通ろうとしたら、定期券がないのです。
しかし、定期券のケースだけがカバンの外ポケットにあるのです。
そう、定期券だけが抜き取られていたのでした。

定期ケースから定期券だけ落っこちることはあり得ませんでした。
定期ケースと定期のスキマはほどんなく、

いくら上下に定期ケースを揺らしたところで、
定期券が落っこちることはあり得ませんでした。

妻の推理によると、こうです。

電車に乗っている時に、

誰かが妻のカバンの外ポケットに手を入れて、
定期ケースを取り出し、そこから定期券だけ抜いて、

定期ケースだけを外ポケットに戻した・・・

それしか考えられませんでした。

こんなことをされたら、どう感じますか?
普通に、怖い
ですよね。

妻は朝から、クレジットカード会社、鉄道会社に電話をしまくって、

朝からとっても疲れていたそうです。

そんな状況も知らずに、送ってしまった、あの私のライン。
やってしまいました。
妻の気持ちを全然想像してやれませんでした。

妻の気持ちを理解する姿勢がなかったのです。

自分の気持ちは自分しかわかりません。
それは真実だと思います。
本人が味わった苦しみは、

他の人がわかることは難しいです。

ですが、相手の気持ちに寄り添おうという気持ちで話を聞くのと、
聞かないのでは、全く違います。
相手の受ける印象は天と地ほどの差があります。

自分も以前同じ経験をしました。
友人に自分の悩みを話した時に、
「よかったじゃん。それだけで済んで。」
と言われた時、反発心が起きたのを覚えています。
そうじゃなくて、

俺の気持ちを理解してよ!って感じたことを覚えています。

私は妻に対して、その友人と同じことをしていたのです。

私は、妻の気持ちに寄り添って話を聞くことができず、

余計に妻の傷口を広げてしまったと思います。
妻は、そんなことは言いませんが、何となくわかりました。

私は妻の気持ちをわかることはできません。
しかし、妻の気持ちに寄り添うことはできます。
それは自分の意思次第です。

わかった気にならず、

わからないながら自分にできることをしていきたいと思いました。

とても難しいことですが、今回の教訓を胸に、相手の気持ちをわかった気にならず、

しっかりと寄り添ってお話を聞かせていただきます。

さぁ今日から頑張ります。
あなたの話をわかった気にならず、しっかりと聞かせていただきます。

引き続き、応援よろしくお願いします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける