うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

5秒で、できる社会貢献活動


From:山崎純平
草加のカフェより、、

あなたはペットボトル等のゴミを捨てるとき、どうしていますか?

私は、以前まで、そのままフタをつけたまま捨てていました。

今朝も何気なく、ゴミ出しの日に、

ペットボトルを捨てようとした際に、
こんな手書きの文字が目に入ってきました。

「ペットボトルのフタは、赤十字社に寄付します」

ペットボトルのフタで、誰かの役に立つんだなぁ。
ペットボトルのフタを外す作業は、5秒もかかりません。

気がついたら、ペットボトルのフタを回している自分がいました。
今朝から気持ちいいですね。
だって、誰か困っている人のために、役立つことをしたのですから。
それもたったの5秒という短い時間の作業で。

もし、
「ペットボトルのフタは、分別してください」
とか
「フタをつけたまま捨てるの禁止」
という張り紙だったら、どうでしょうか?

フタを分別するとは思いますが、こんな清々しい気持ちにになりません。
いやいや、フタを回していることでしょう。
自ら望んではやっていないからです。言われたからやっているからです。

その行為をする目的がわかると行動をしたくなりますよね。
このフタを分別する行為が、他の困っている人の役に立つ・・・
こう考えると、自分の行動の重要性がわかります。
じゃあやってみよう!と前向きに行動できますよね。

それは障害年金も同じことが言えます。
障害年金をもらって、その後、どうなっているか?想像してみてください。

例えば、あなたは毎月5万円もらえるとします。

預金通帳に、毎月5万円が振り込まれているのです。
しかも働かずに、今のままの生活のままで。

そうしたらどうでしょうか?

・毎月5万円もらえるのなら、無理にパートで働かなくてもいいかな。
・もう少しだけ、ゆっくりしてもいいかな。
・妻においしいケーキ買ってあげようかな。
・我慢していた趣味のプラモデル買っちゃおうかな。
・今まで頑張ってきた自分にご褒美をあげようかな。

どうでしょうか?
障害年金をもらうと、

あなたの気持ちが前向きに変わっていませんか?
これが障害年金をもらう大きなメリットなのです。

あなたを悩ませているのは、

お金の悩みが一番強いと思います。

・このまま働けなかったら、どうしようか?
・預金通帳が減り続ける恐怖
・家族の無言のプレッシャー

でも、障害年金という経済的な安心が手に入れば、
あなたの悩みは安心に変わるのです。

障害年金は多い人で、年間200万円以上もらえます。
1ヶ月あたり、15万円以上です。
15万円という大きな経済的な安心が手に入ったら、

あなたはお金のことで悩む必要ないのです。

障害年金を受給するための第一歩を踏み出すのは勇気が入りますよね?
時間がかかってもいいです。
ゆっくりでいいので、もし気になったら、ぜひ私たちにご相談ください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける