うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

欠点を直す必要はないです


From:山崎純平
大宮のカフェより、、

最近、職場で、ストレングスファインダーという、

性格診断を行いました。
これは、
その人がどんな強み、弱みをもっているか
を瞬時に判断してくれるものです。
30分くらいかけて、100問以上の質問に答えていきます。

私の強みは、学習欲です。

私はどうやら、「知りたい、勉強したい」という欲が、

とてつもなく強いようです。

言われてみれば、そうだなと思うことがよくあります。
気になったことがあれば、すぐにAmazonでその関連の本を読みます。

また、小さい頃から、よく学校の先生に質問をしていました。
テストに出ないところも、

「どうしてペルーは、黒船で来たの?白船ではダメなの?」と
無邪気に質問をしていたことが思い出されます。

一方、弱みとしては、競争性です。

競争ができれば、もっと努力しようと思えると思うのですが、
どうも、他人と競走するのが苦手なようです。

代表の宮里さんが、そのストレングスファインダー(性格診断)をみて、
ぜひ、その学習欲の強みを活かしてください。
決して、弱みを克服しようと思わないで下さい。
とアドバイスをしてくださいました。

強みを生かす。
弱みは克服しない。

この言葉が、雷鳴が轟いたように、衝撃が走りました。

弱みは克服しなくていいんだ

 

小学生の頃から、どうしても「苦手な分野をなくさなきゃ」と思っていました。
5教科の点数が、一番低い、国語をなんとな点数を上げようと、
国語ばかり勉強をしていました。

その国語の勉強は、まぁつまらないこと、この上なしです笑
私は、興味を持ったことはとことん勉強しますが、興味のないものは、勉強しません笑

苦痛でしかありませんでした。

弱みを克服するというのは、平均人間を作ることだと思います。

弱みを克服することで、逆に強みも消してしまいます。
興味のない国語の勉強を続けたら、勉強はつまらないものと考えてしまい、
いつしか興味のあった社会も、だんだんつまらなくなってきます。

平均人間って、面白みはありません。
人それぞれ、個性ががあります。

弱みを克服しようともがくことで、
その個性(強み)を潰してしまっては、
もともこもありません。

だから、弱みは克服しなくていいんです。
それはそれ。
一方で、強み、興味のあることをどんどん伸ばしていきましょう。

でも、弱みはどうしたらいいの?
と疑問に思うかもしれません。
その場合、「自分の弱み」を得意としている人に頼んでしまいましょう。

人は100人いたら、100人違います。
あなたの強みは、誰かにとっては弱みです。
一方、あなたの弱みは、誰かにとって強みです。

お互い、助け合って、自分の得意分野を伸ばしていけばいいのです。
決して、弱みを克服しようと思わないで下さい。
弱みばかり見ていると、自分に嫌気がさしますから。

障害年金も同じことが言えます。
あなたは障害年金の申請が得意ですか?

私は大得意です。

障害年金のことなんて学校で習いませんから、得意な人は稀です。
得意になるのに、何百時間と勉強しないといけません。

あなたは障害年金について得意なる必要は、全くありません。
私たちが、代わりにサポートをしますので、ご安心ください。

その代わり、あなたの強みをどうぞ社会・家庭で存分に生かしてください。
そのためは、あなたがまたいつも通り、元気になってもらうことが大切です。
そのために、ぜひ障害年金を受けてください。

ちょっとでも障害年金が気になったら、ご相談ください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける