うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

お笑い芸人界隈の謎の考え


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

僕は社会保険労務士になる前は、
お笑い芸人として芸能プロダクションに所属し、
芸能活動を行なっていました。

どこの業界に行ってもあると思いますが、
その業界独自の考えってありますよね。

お笑い芸人の業界にもそんな風に、
「お笑い芸人はこうあるべきだ」みたいな、
謎の考え?みたいなものがありました。

1つが「芸人が保険をかけるな」です。

芸人が「芸人として売れなかった時の保険」として、
別の活動をすると周りから何故か叩かれたり、
「あいつは保険かけてる」と指をさされたりします。

僕の身近な芸人の先輩に、芸人から演劇の脚本家に転向した方がいるのですが、
その先輩を「お笑いから逃げた人」と嘲笑する人がいます。

僕は芸人をやっている時に、
社会保険労務士の勉強を始めました。

勉強を始めた理由はブログで何度も書いてますが、
労働や社会保険について国が教えてくれないからです。

勉強を始めた時、やはり僕も周りから「保険かけてる」と言われました。

正直、悔しかったですが、そんな風にバカにしてくる奴は、
逆に「社会保険や労働の知識のないバカ」だと思うようにしました笑

そして猛勉強をして、
1年半で社労士試験に合格しました。

社労士の資格を取ったら、
すぐに芸人界隈に噂が広まり、
沢山の相談がくるようになりました。

勉強して資格を取ったことで社労士という肩書きが持て、
専門知識も身についた事により、多くの人の手助けを出来るようになりました。

「芸人が保険をかけるな」という謎の考えに挑み、
逆に僕は成功したと考えております。

その業界・界隈にある謎の考えのせいで、
自分のやりたい事を諦める必要はないと思います。

これは障害年金にも同じことが言えると思います。

障害年金の受給を検討した時、
「障害年金を貰うと病気から抜け出せなくなる」と、
こんな風に言ってくる人がいます。

でも僕は違うと思います。

障害年金と言う経済的な安心を手に入れる事により、
療養に専念できて病気から抜け出せるようになると考えています。

障害年金を受け取ったこともないのに、
「障害年金を貰うと病気から抜け出せなくなる」と、
言ってくる人の言うことは信じなくて良いと思います。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

もし、あなたがうつ病で働けなくなり、
障害年金の受給を検討されてましたら、
1度、ご相談ください。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける