うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

双子の弟との違い


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

僕には双子の弟がいます。

僕によく似ていて、
街を歩いてると弟に間違われて
話しかけられることがあります。

あとiphoneの顔認証のロックとかも、
お互いの顔でロックが開いたりします笑

それぐらい似てるんですね。

そんなソックリな弟ですが、
もちろん違うところもあります。

弟は右利きです。
しかし、僕は基本的に右利きですが、
字を書く時は左利きです。

弟はよくラーメン屋にラーメンを食べに行きます。
しかし僕はあまりラーメン屋に行きません。

弟は大学生との気にポケモンにハマってました。
しかし僕はモンハンにハマってました。

僕はお寿司のウニが大好きです。
弟はウニが得意ではありません。

僕は抹茶味のチョコレートやアイスが大好きです。
弟は抹茶味の物が食べられません。

僕はポジティブで楽天的ですが、
弟は慎重派でユニークな発想の持ち主です。

見た目はソックリでも、
違う所はまだまだあります。

見た目はソックリでも、
僕は弟を見て自分にソックリだとは思いません。

弟も同じです。

周りから双子について色々質問されて、
好みが違ったりすると「双子なのに違うんだ〜」と驚かれます。

いや当たり前だろ!っと心の中で思います笑

双子も兄と弟で考え方や意見が違います。

人は1人1人個性がありますし、
考え方も違います。

これは障害年金にも同じことが言えます。

うつ病で障害年金の受給を検討してる時に、

「あなたは障害年金は受けれない」
「障害年金を受けると病気を治す気力が無くなる」
「うつ病は心の持ちようだ」

などと言ってくる人がいると思います。

でも僕はそんなふうに思いません。

僕からしたら、うつ病で障害年金の受給を検討してるあなたは、

・障害年金を受給できる可能性がある
・障害年金を受け取ることで療養に専念できる
・うつ病は心の持ちようではない

と言えると考えてます。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける