うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

よく見る夢の話 | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From: 長塚崇宏
本厚木駅前のケンタッキーより、、

あなたは日頃どんな夢を見ますか?

夢って不思議ですよね。

現実では起きない事とかが、
支離滅裂にどんどん展開していったりします。

悪い夢を見た後は目が覚めて、
「よかったー」と安堵します。

逆に良い夢を見た時は目が覚めて、
「夢かー、ちくしょー」と思ったりしますよね。

僕にはよく見る悪い夢があります。

それは僕が大学生時代に戻っていて、
大学の授業の単位が足りなくなる夢です。

なんじゃそりゃーって思いますよね笑

でも僕にとってこれは悪夢なんです。

夢の中では単位が足りなくって、
いつも大焦りしてるんです。

先生に何とかならないか相談してる時もあります。

留年するんじゃないか不安でオロオロもしてます。

なぜ僕がこんな悪夢を見るようになったのか?

それには理由があります。

僕は学生時代からお笑い芸人の活動を行っていたので、
お笑いライブやオーディションの仕事が入ると、
大学の授業を休んでたんですね。

そのため大学生時代はいつも本当に、
授業の単位に悩まされてたんです。

それが大学卒業して10年以上経っても、
夢に出てきて悩まされるんです。

こんなことになるなら、
もっと学業に専念するべきだったと、
いつも後悔しています。

もっとこうしておいたら良かったなーと、
後悔することってありますよね。

これは障害年金にも同じことが言えます。

障害年金をもらうことにプライドが邪魔をして、
無理して働いてより体調が悪化してしまった方を、
僕は何人も見てきました。

障害年金はうつ病で働けないあなたの、
経済的な不安を解消してくれます。

障害年金を受け取ることで、
療養に専念することができるのです。

働けない状況なら療養に専念しましょう。
後悔する前に。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!