うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

死のコーヒー | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:宮里竹識
世田谷の自宅より、、

あなたは、
「DEATH WISH COFFEE」というコーヒーを知っていますか?

こんなやつです。

 

 

商品名を直訳すると
「死を望むコーヒー」
となります。

おっかない名前ですね。

しかもこのコーヒーのロゴは、
ドクロのマークです。

死神や海賊といったものを連想させ、
一回見たら忘れないコーヒーです。

スターバックスは人魚のセイレーンをロゴにしていますが、
「DEATH WISH COFFEE」のドクロは、
その対極にあるような感じがしますね。

 

 

 

では、
なぜこのコーヒーが「DEATH WISH COFFEE」という商品名かというと、
普通のコーヒーよりもカフェインが2倍入っているからです。

カフェインには、
・眠気覚まし
・利尿効果
・基礎代謝の促進
・集中力の向上
といった効果があります。

このような効果のあるカフェインが通常の2倍も入っているなら、
ほしくなりますよね?

ただ、
「DEATH WISH COFFEE」のロゴがドクロになっているように
リスクもあります。

カフェインを過剰に摂取すると、
次のようなデメリットがあるといわれています。

・貧血になる
・胃痛を引きおこす
・睡眠の質を悪化させるおそれがある
・カルシウムの吸収を妨げる
・歯が黄ばむ

カフェインの過剰摂取は体によくないので、
ドクロのロゴを通して注意喚起していると思えば、
「DEATH WISH COFFEE」は、
優しさあふれるコーヒーともいえますね。

しかもこのコーヒー、
こんなキャッチフレーズが特徴的です。

 

世界一強烈なコーヒー。
もしご満足いただけなかったら、返金します。

 

この他にはない独特なコーヒー、
とても人気で売れているそうです。

ただ、聞くところによるとこのコーヒー、
味はイマイチという話です。

そういえば確かに、
カフェイン2倍とか世界一強烈なコーヒーとは言っていますが、
”美味しい”とは一言もいっていません。

普通のコーヒーは、
・美味しい
・コクがある
・香りが良い
ということをウリにします。

「DEATH WISH COFFEE」は、
一般的なアピールとなる”美味しさ・コク・香り”といったものを捨てています。

これらを捨ててカフェイン2倍という強烈さに特化したからこそ、
コーヒーで眠気を覚ましたい人に強く響いたのです。

 

普通と違う部分に注目し、
専門分野に特化することで人々の支持を得る。

それは、障害年金社労士でも同じことがいえます。

あなたも障害年金を依頼するために
いろんな社労士さんのホームページを見たかもしれませんが、
だいたい同じようなことが書かれています。

そのため社労士事務所の違いが分からずに、
”とりあえず家から近いところに依頼するか”
と考えてしまう人もいます。

もしあなたがそうなら、
一度私たちのホームページを見てください。

なぜなら、
私たち全国障害年金パートナーズは
日本で唯一の”うつ病による障害年金専門”の社労士事務所だからです。

障害年金を取り扱っている社労士事務所は、
基本的にすべてのケガや病気に対応しています。

ときおり”うつ病などの精神疾患専門”という社労士さんもいますが、
私たちだけが、うつ病に専門特化しています。

冒頭で紹介した「DEATH WISH COFFEE」は
カフェインに特化したことでお客さんに支持されました。

私たち全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金に特化しています。

うつ病の障害年金はとても審査が厳しく
手続きも難しいため、
これだけに特化してやらなければいけないと
私は思うのです。

そのため、
身体障害や知的障害での依頼は受けることができません。

それでもよければ、
一度電話かメールで相談ください。

他と違う変わった社労士事務所ですが、
あなたの心にちょっとでも響いてくれれば嬉しいです。

それではあなたからの連絡を待っています。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!