うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

祖父母の家で


From: 長塚崇宏
小田急線新百合ヶ丘駅付近のカフェより、、

僕の家の真向かいには祖父母の家があります。

現在、祖父母は亡くなっていますが、
2人が生きていた頃はよく遊びに行っていました。

6歳ぐらいのある日、その時も僕は双子の弟と一緒に、
祖父母の家で遊んでいました。

弟と一緒に追いかけっこや隠れんぼをしてました。

そしたら突然、弟が気持ち悪くなったのか倒れ込んでしまいました。

苦しそうにうずくまってる弟、
どうしたら良いのか分からず困惑する僕、

そしたら近くにいた祖父が、
うずくまってる弟を見て慌てて叫びました。

「ばあさーーーん!!どっちか倒れたーーーー!!!!!」













祖父が叫んだ言葉を聞いて、
僕はショックを受けました。

その後、弟は治ったのか、
何とか回復して元気を取り戻しました。

中学生ぐらいになって、
当時のことを祖父に聞いたら、

「見分けがついていなかったわけでない」
「倒れてるのを見てパニックになって咄嗟に叫んでしまった」

と答えてました。

確かに目の前で孫が倒れていたらパニックになりますね。

非常事態になったら人は混乱状態になり、
何をどうしたら良いのか分からなくなったりします。

これは障害年金にも同じことが言えます。

あなたはうつ病で働けなくなり、
経済的な不安を抱えていると思います。

そこで障害年金の受給を検討しているが、
何をどうしたら良いのか分からない状況でしょう。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

あなたの障害年金受給をサポートします。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける