うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

義務教育にすべきだろ!!


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

学校を卒業して社会に出て、
初めて知ることってたくさんありますよね。

例えば労働基準法とか。

これを知らなかったばかりに、
ブラック企業に運悪く入ってしまい、
長時間労働とかに苦しまされる人を見かけます。

何で学校で労働基準法を教えてくれなかったんだ!!
と憤りたくなると思います。

僕は労働基準法は義務教育で教えるべきだと考えてます。

労働基準法を義務教育で教わることによって、
ブラック企業は減るし、またブラック企業の被害に遭う人も減ると思います。

他にも義務教育で教えるべき事はあると考えてます。

例えば社会保険の仕組みとかですね。

最初は何のために給与から引かれてるのか、
わかる人って少ないと思います。

社労士の仕事をしてると友人・知人から、
「社会保険料高すぎる!」
「払いたくないんだけど、どうにかならないの?」
と相談されたりします。

いやいやいや社会保険料ですよ?

あなたが病気やケガで困ったときに、
医療費の負担の軽減や、収入の保証をしてくれます。

こう言った制度の内容を知らず、
現状で払いたくないと言う人がいます。

こちらも義務教育でぜひ教えてもらいたいと考えます。

このように義務教育で教えて欲しかった事って、
他にもたくさんありますよね。

これは障害年金にも同じことが言えます。

年金は老後に受け取るものと、
思い込んでる人がほとんどです。

しかし年金は老後だけで無く、
一定の障害を負った場合に受け取れる障害年金があります。

また障害年金は身体障害・知的障害の方が受け取るものと、
そう考えてる人がたくさんいます。

しかし、そんなことありません。

障害年金は身体障害・知的障害のかただけでなく、
うつ病などの精神障害の方でも受け取れます。

このように障害年金についても、
詳しく義務教育で教えてくれるべきだと思います。

あなたはご自身が障害年金を受け取れるか、
またどのように手続きすればいいか悩んでいませんか?

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

無料の電話相談も行っております。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける