うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

思い出すときつい、あの夏合宿


From:山崎純平
草加のカフェより、、

オリンピックの柔道を見ていると、ついつい自分が柔道をやっていたときのことを
思い出します。

高校生になったとき、強い男になる!と夢を叶えるべく、
柔道部に入りました。
(それまではバスケ部でした。)

ですが、いざ入ってみると、想像以上にきつい練習が待っていました。

一番きつかったのが、夏のT大学の合同合宿です。

3泊4日の地獄の特訓で、20校の高校が集まり、お互いに稽古します(総勢100人ほど)。

 

地獄のメニューがこんな感じです。

・朝5時:起床、ランニング
・6時:筋トレ
・7時:朝食(デカ盛り)
・9時〜12時:合同練習
・13時:昼食(デカ盛り)
・14時〜17時:合同練習
・18時:入浴
・19時:夜ご飯(デカ盛り)
・20時:筋トレ
・21時〜:自由時間(近くのコンビニに行くのが唯一の楽しみ)
・22時:就寝(剣道場で雑魚寝)

筋トレをやらされるわ、大盛りの量を食べさせられるわ
とにかくハードな練習でした。

特に「乱取り」といって、お互いが技を掛け合う自由練習をひたすら、させられました。
これがかなり疲れます。

「乱取り担当」になると、3分間まずAさんと戦います。
3分後、Bさんと戦います。
そして3分後、Cさんと戦う・・・
計5人と休みなく戦います。

めっちゃ疲れます。

こんなハードな練習やってられない!
ということで、わずか1年足らずで退部しました。

今思うことは、「やらされ感」があったなということです。
やらされた感があると、全てが苦痛になります。
自分が望んでいないことを、押し付けられたら、嫌ですよね。

でも、ここで考えてみてください。
この高校生の私は、誰かに強制されて柔道部に入ったのでしょうか?

違います!
自分の意思です。

練習がきついのはなぜでしょうか?
それは強くなるためです。

私は自分で望んで入った柔道部をいつしか、重荷に感じていたのでした。
強くなって女性を守る!という目的をすっかりと忘れ、
ただただ、やらされ感で柔道をしていたのでした。

それじゃ楽しくないです。

もし、柔道をやる目的を思い出すことができたら、
そして、強くその目的を達成したいと思うことができたら、
きっと練習をより積極的にできたのかと思うのです。

でも、その考えに至るのに時間を要しすぎました。
遅すぎたのです。

 

あなたは、やらされ感を感じたことはありませんか?
うつ病のせいで、休まされている・・・
そう感じると、気持ちは落ち込んでしまうと思います。

そこで、目標を思い出してください。
なぜ休んでいるのでしょうか?

それは、社会復帰するという目標があるからだと思います。
その目標のために、私は自ら「休んでいる」。
決して何かに「休まされている」わけではない。

そう、あなたの人生はあなたがコントロールしているのです。
他のものにあなたの人生はコントロールをされていないのです。

そう考えた時、あなたは、自分の人生の主導権を取り戻すのです。
そう考えたら、少しは気持ちが楽になるかもしれません。

そこで、あなたの社会復帰をするという目標をより実現するために、
障害年金を受給してみませんか?
障害年金は、体を休めながら、経済的な収入を得る制度です。
経済的な不安を解消する制度といってもいいでしょう。
障害年金を受給できれば、より気持ちも軽くなります。

少しでも障害年金が気になったら、ご相談ください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける