うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

無事、習慣化しました


From: 長塚崇宏
小田急線町田駅付近のカフェより、、

何かを初めてみたは良いけど、
三日坊主になってしまう事ってありますよね。

僕もよくあります笑

だけど最近、無事に習慣化ができた事があります。

それが日記を書く事です。

今年の1月から日記を書き始めて、
毎日続けられています。

習慣化するまでは面倒でしたが、
今では「やらないと何か気持ち悪い」と感じます。

ここまで持ってくるのが、
やはり大変でしたね(^^;)

でも日記を書いていると、
そのメリットが感じられます。

1つが自分の行動パターンを客観視できる事ですね。

自分の日々の行いを日記に記す事で、
行動パターンを客観視できて改善する事が可能です。

あとは、その日の良かった事を書くようにしてるので、
読み返すとポジティブになれます(^^)

また日々の生活を記録として残せる事ですね。

去年のこの日って何してたっけ?と、
ふと思うことありませんか?

日記を書くことで、
その日を振り返ることが出来て楽しいですよね。

また何か生活の面で、
記録が必要になってくることがあります。

例えばパワハラ・セクハラで会社を訴える時とか。

会社の上司から受けたパワハラ・セクハラについて、
日記に詳細に記載しておくことで、
訴えるときに証拠になったりもします。

いつ、どこで、何をしたかの情報って、
実はとても重要なんですよね。

これは障害年金にも同じことが言えます。

障害年金を申請する時は、
初診日を証明する必要があります。

相談してくるお客さんの中には、
病院をたくさん通いすぎて、
どこが初診日か分からなくなる方もいます。

また病歴も重要になってきます。

あなたがどこでどのように、
病院で治療を受けていたのか、
書類に記載することになります。

あなたはご自身の初診日や、
病歴をきちんと書類に記載できそうですか?

もし無理だと感じたら、
全国障害年金パートナーズにご相談ください。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける