うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ただ、それだけなんですけれどね^_^


From:山崎純平
草加のカフェより、、

今まさに、愛犬の”ポンポン”のしつけ中です。

お座り、お座り、お座り。

と連呼するも、全然、座らないポンポン。

嬉しそうに尻尾をふりふりして、こちらを見てきます。

いや、だから、お座りだって。
こうやってやるの。

と言いながら、ポンポンを無理矢理、お座りさせます。
そしてすかさず、
「おーえらいえらい。」と
ポンポンの顔をクシャクシャしながら、ほめまくります。

私の嬉しい気持ちをたっぷりと乗せて、ほめまくります。

それを繰り返していたある日のこと。

どうせ、今日もダメだろうな・・・とあまり期待せずに、
いつものように「おすわり」と言うと、
なんと、
お座りしたのです。

すごい〜〜〜〜〜

私は興奮しながら、「えらいぞ」とはしゃぎまくりました。
すかさず、大好物のビーフジャーキーをあげました。

ポンポンも大興奮です。
そこら辺の暴走しています笑

ようし、次だ。
お手だ!!!

お手をさせるぞ!!!

お座りからのお手。
かなりの高度な技だが、できるか?

「お座り」と言うと、ちゃんとポンポンはお座りをする。
もうお座りはマスターした。
えらいぞ。

そして、「お手」と言って、私は右手の手のひらを
お座りしているポンポンの目の前に差し出す。

ポンポンは不思議そうに、私の手を見つめている。

できるか?ポンポンならできるぞ。がんばれ。
右手をチョコンと乗せるだけでいいんだぞ。
ほらほら。

5秒ほど沈黙が流れました。

すると、

ガブっ!!!

ポンポンが噛み付いてきました。

噛むんかい!!

思わず、突っ込んでしまいました。
意外な行動にちょっとびっくりでした。
噛むという発想はなかったですね。

噛んだポンポンもなんか楽しそうです。
尻尾をふりふりしています。

ただ、お手をさせたら、噛まれた・・・っていうことなんですけれど、
なんか「幸せだな」「和むな」っていう気持ちになりました。
嬉しい気持ちです。
ただそれだけなんですけれどね。
理由はわからないけれど、気持ちが落ち着きました。

理由もなく、辛いときもあると思いますが、逆に、
理由もなく、楽しい気持ちになることってありますよね。

理由なんていらないんです。
あなたの楽しいと感じたことを、純粋に味わうことが大切です。
それが、生きている実感をすることなのかな〜ってしみじみと思います。
一人で黄昏ています。

感覚や直感ってけっこう大事です。
障害年金を扱っている社労士事務所は、年々増えています。
どこに依頼するかわからないな〜ってこともあると思います。
そんなときは、ぜひあなたの直感に従ってください。

もし、その直感に私たち全国障害年金パートナーズが引っ掛かってくれたら、
とても嬉しいです。
その直感が正しかったと思ってもらえますよう、全力でサポートをします。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:ポンポンはその日から、「お手」というと「噛む」ということを
学習してしまいました涙




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける