うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

隣の家が壊れた、、


From: 長塚崇宏
小田急線町田駅付近のカフェより、、

ガッシャァァン!!

ドッゴォォンン!!

最近、私の家の隣で轟音が鳴り響いてました。

え?何の音かって??
実はこれ、隣の家が解体されている音です。

1ヶ月程度で我が家の隣は、
綺麗サッパリと更地になりました。

そもそも何で解体したのだろう?

引っ越し?もう家が古いから?

疑問に思っていると、
隣の家の住人から事情を聞いた父が教えてくれました。

「3階建てのアパートを建てるんだって」

アパートだってぇぇぇぇぇぇ!!!???

何でも家がもう古くなっているので、
家を取り壊してアパートを建てて、
家賃収入を得ようと言うことらしいです。

隣の家の方々は、
これからアパートを経営する訳ですね。

人は入るのかな〜とか、
経営上手くできるのかな〜とか、
勝手に隣人の心配をしてしまいます。

ですが、家賃収入って言う響は良いですね。

入居者がいれば毎月家賃を振り込んでくれる訳です。

お金が振り込まれれば生活できますよね。

そうすれば経済的な安心が得られますね。

毎月お金が振り込まれるようになれば、
経済的な不安が解消されます。

1つでも多く、お金が振り込まれる仕組みがあると良いですよね。

これは障害年金にも同じことが言えます。

障害年金が決定すれば、
働けるようになるまで毎月、
あなたに年金が振り込まれるようになります。

年金が受け取れれば、
あなたの経済的な不安を解消できると思います。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける