うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

明日はワクチン2回目。不安しかないです。


From:山崎純平
草加のカフェより、、

いよいよ明日、コロナワクチン2回目の接種です。
実は、とっても不安です。

ワクチンを摂取すると、70%以上の確率で、副反応が出ると聞いていました。
副反応としては、倦怠感、熱が出るそうです。

ひどい人だと、39度の高熱が出ることもあるそうです。

私はかつて、一度だけ、39度の熱が出たことがあります。

中学生の頃、高熱で寝込んでいました。
夜中、喉が乾いて、寝室から冷蔵庫までのわずか5メートルほどの距離でしたが、
辿り着けませんでした。

強烈な目眩に襲われ、冷蔵庫の前で、倒れこんでしまいました。

どのくらいの時間が経ったのかわかりませんが、ふと目を覚ますと、
冷蔵庫の前で寝ていたようです。

そんな嫌な思い出が蘇ってきます。
70%以上の確率で、熱が出ると聞いて、私の気持ちは不安で溢れんばかりでした。

妻は先日、2回目の接種を終えたのですが、やはり熱が出ました。
39度まではいきませんが、38度ほど出ておりました。

70%の確率で熱が出るのなら、逆に言うと、30%の確率で、熱が出ないということです。

そうポジティブに考えてみました。
でも、そう言っても、熱が出る確率の方が高いですよね。
不安が消えません。

そんなときは、私はこう自分に言い聞かせています。

今、できることをやろう。結果はお任せだ。

今できることといえば、熱への備えです。
熱が出た時に、慌てないために、必要なものを揃えました。

・ポカリ
・熱さまシート
・解熱剤
・アイスノン
・ウィダーインゼリー
・湿布
・お守り

これを私の枕元に置いています。

熱が出ないことを祈ることも大切ですが、
熱が出た時にも備えることで、不安を解消できます。
全ての不安を解消することができるわけではありませんが、
でも、不安を和らげることができます。

全ての不安を解消するのは、コロナワクチンの接種を終えて、
副作用が全部なくなったときでしょう。
それは、今の時点は全部の不安を解消するのは無理でしょう。
不可能でしょう。

でも、「今できることをやること」ならできます。
地道にコツコツとやれることをやることが、不安の解消には必要不可欠です。

 

 

あなたもうつ病等のせいで、精神的に苦しくて、毎日毎日、気がつけばお金のことを考えていませんか?
宝くじが当たればいいのに・・・と思うこともあると思います。

今できることをやることで、必ずあなたの不安は解消されます。

今できること、それは障害年金という経済的な安心を手に入れることです。
でも障害年金って難しそう。
と立ち止まってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、どうぞ私たちを頼ってください。
あなたと一緒に、今できることを探していきましょう。

少しでも気になったら、ご相談ください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける