うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

歯医者さんで褒められませんでした


From:山崎純平
草加のカフェより、、

ウィ〜〜〜ン

私は今歯医者にいます。
定期検診で歯医者に来ているのです。

半年前に歯医者に通って以来、久しぶりです。

それまで月2回のペースで歯医者に通っていました。
歯周病だったのです。

懸命に通ったことと、歯科衛生士の方のおかげで、無事に卒業ができました。
治った訳ではありませんが、とりあえずやれる治療はできました。
あとは、日々の歯磨きが大切です。

「とりあえず、治療を終えましたので、次回は半年後に来てください。
状況をチェックしますね。」
と歯科衛生士の女性が優しく言ってくれました。

それから半年後、私の歯の状態を見てくださった、歯科衛生士の女性の方が

う〜ん、状況が悪化していますね。
歯磨きがうまく磨けていないようです。

と無情の一言。

がーーーん

卒後後、自分では一生懸命に歯を磨いていました。
食後すぐに磨きていました。
自分では、けっこう頑張っている方でした。

期待をしていたのです。
久しぶりの歯医者で、歯科衛生士の方から
「よく磨けていますね。」
と言ってもらうことを期待していました。
歯医者さんに褒められることを密かに期待していたのです。

ですが、現実は違いました。

全く磨けていなかったのです。

自分ではできていると思っていても、専門家の目からすると
全くできていなかったのです。

専門家の見る視点と、素人の見る視点は違うのですね。

自分で自己流で歯を磨いても、歯周病の完治というゴールに全然向かっていなかったのです。
むしろ歯周病という間違ったゴールに日々向かっていたのでした。

思えば、けっこう強く歯を磨いており、歯肉を傷つけていました。

改めて自分の置かれている状況を把握しました。

 

それは障害年金にも同じことが当てはまります。

障害年金を初めて申請する方の視点と、私たち障害年金の専門家の視点は全く異なります。
天と地ほど違います。

私たちはいかに障害年金を受給できるかというゴールに向かって
あなたが最先端で進めるように考えています。
つまりゴールに関係のない部分は切り捨て、
ゴールに関係のある部分をしっかりとフォローしていきます。

また、そのノウハウは障害年金の申請をかなり
こなさないとわからないものです。

自分の考えで障害年金の申請を進めたいという方や、
結果に関わらない細かい部分もこだわりたい方は、
ぜひ自分で申請をされることがいいでしょう。
その大切な申請は納得をして進めるのがいいです。

障害年金という結果さえ出ればいい。
障害年金の細かい部分は気にしない。
全国障害年金パートナーズに自由にやってもらいたい。
という方は、私たちとの相性は抜群です。
しっかりとゴールに向かって、最短で進めていきましょう。
ぜひご相談ください。

あなたからのご連絡をお待ちしています。

PS:歯医者に行ってから、私の歯磨きの姿勢が変わりました。
より丁寧に磨くようになったのです。
歯医者さんに褒められるその日まで・・・続く




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける