うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

目玉焼きが好きな理由がわかりました


From:山崎純平
草加のカフェより、、

昔から、目玉焼きを作るのが大好きです。

熱したフライパンに、卵を落とす。
ジュワーという音。

う〜ん、たまらないですね。

ただ、目玉焼きの味がとても好きか?と言われれば、実はそこまで好きじゃないですね笑

卵をフライパンに落とすシーンがとても好きなだけなんです。

どうしてだろう?って密かに考えていました。

その謎が解けました。

それがジブリです。

ジブリには、目玉焼きが出てくるシーンがよくあります。

一番記憶に鮮明に残っているのは、
ハウルの動く城で、カルシファーという火が、目玉焼きを焼くシーンがとても印象的。


あのシーンをみると、あなたも「目玉焼き食べたい〜」
いや「目玉焼きつくりたい〜」って思うかもしれませんね。

ジブリの映画って、大人になって、しっかりと観たことがないのですが、
大人もとても楽しめる映画です。
子どもの時には気がつかなった主人公や登場人物の心情を理解することができます。

魔女の宅急便は、少女から大人になる過程を描き、そのときの不安や悩みをうまく描いています。

といっても私はまだ魔女の宅急便を見たことがないので、全部、妻の受け売りです笑

妻に「まだ魔女の宅急便を見たことないんだ」と言ったら、
「そんな人がいるんだ・・」と言ってました。
それくらい素晴らしい映画のようです。

ということで、このブログを書いた後、レンタルしてきます。

ジブリって、本当にいつ見ても、癒される映画だと思います。
私も元気のない時は、ジブリを見たいと思います。

以前、「耳をすませば」を見た時、なんかこう、胸がキュンとしてしまいました。
青春の頃の恋心を思い出したというか、中学生頃に戻った感じがしました。

20年以上経つ映画ですが、今もこうして私の心を揺さぶるジブリ。
きっと、私がおじいちゃんになって観たときも、違った感動を味わえるのだと思います。

あらためて、ジブリの良さに気が付いたのでした。

ぜひ、あなたもジブリを観てみてください。きっと以前見た時と、違う感動を感じると思います。

PS:黒い猫を見たら、「ジジ」って言っちゃうそうです by妻

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける